grape [グレイプ]

天皇陛下の即位祝賀パレード延期~11月10日開催の方向

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(10月17日放送)に産経新聞論説委員・フジサンケイビジネスアイ編集長の山本秀也が出演。台風19号による被害状況と、天皇陛下の即位に伴う「祝賀御列の儀」の延期について解説した。

祝賀御列の儀のリハールが行われた=2019年10月06日、東京都港区 写真提供=産経新聞社

台風被害、死者77人に~なお10人不明

台風19号による記録的大雨により、宮城県や福島など6県で10人の安否が依然として分かっておらず、17日も捜索が行われた。東日本を中心に河川の決壊や土砂災害が広範囲に発生。死者は福島県でヘリコプターから落下して死亡した1人を除いて12の都県で77人に上った。依然として、4000人あまりが避難生活を余儀なくされている。

森田耕次解説委員)台風19号の被災地域では、宮城県丸森町などで17日も捜索が続いています。亡くなった方は12の都県で77人、行方不明者は10人と見られます。また、内閣府によると17日午前5時現在、13の都県で4249人が避難所での生活を余儀なくされています。土石流や崖崩れなどの土砂災害は20の都県で241件確認されました。住宅の被害ですが、17日午前5時現在で94棟が全半壊、一部損壊が1671棟。1700棟以上が全半壊や一部損壊ということになっています。浸水被害は、床上浸水が1万9708棟、床下浸水が1万3908棟。合計3万3000棟以上になっています。住宅被害、浸水は16日の集計からそれぞれ倍増ということになっていまして、現場での確認作業は進行中なので、被害がさらに拡大する可能性もあるということです。なかなか全容把握が難しいですね。

山本)面の広さという点で、記録的な災害でしたからね。長野、東北の皆さんにしても、それぞれの地域が大変ですよね。今回は東京でも都市型の洪水が起こりました。これがもし荒川、江戸川で溢れて江東3区に被害が及んでいたとすると、もっと大変なことになっていました。

森田)あの辺りが被害を受けると、全体で200万人以上住んでいますからね。

山本)江東区や江戸川区はもともと土地が低いですからね。

森田)安倍総理は17日、甚大な被害が出た福島県を訪問し、一帯が冠水した郡山市の工業団地で被害状況を視察したり、避難所となった郡山市内の小学校で被災者から要望を聞きました。避難所では「大変でしたね」「お体に気をつけて」と声をかけられていました。福島県庁では内堀知事と面会して、「政府として復旧と被災者支援に全力を挙げる」と述べており、今回の台風19号を特定非常災害に指定することを表明しました。さまざまな行政手続きができなくなった人を救済するための特例措置ということで、特定非常災害の指定は阪神淡路大震災や東日本大震災、西日本豪雨に続いて6例目ということになります。特例措置としては、運転免許証の有効期間が切れた人の延長などがあります。今後、具体的な特例措置が決められますが、過去には運転免許証の他には飲食店の営業や建設業の許可で、有効期限が延長されたケースがあります。それから、仮設住宅の設置期間の延長も可能になります。安倍総理は「被災者の人権を守り、生活再建に向けた動きをしっかりと後押しする」ということで、手続き面は優遇するということです。

山本)これは当然でしょうね。

【台風19号】浸水した住宅街で活動する、災害派遣された陸上自衛隊の隊員ら=2019年10月13日午前、東京都世田谷区 写真提供:産経新聞社

天皇陛下の即位に伴うパレードが延期

森田)一方、政府は天皇陛下の即位に伴う来週22日火曜日の儀式のうち、即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」を延期する方向で調整に入りました。台風19号による被害が甚大なため、被災者の心情を考慮したと見られます。即位の中心儀式となる22日の「即位礼正殿の儀」は予定通り行う方針です。夕方の菅官房長官の記者会見です。

菅官房長官)22日に行われます「祝賀御列の儀」については総理から「諸般の状況を総合的に勘案し、延期する方向で検討する」、そのような指示があり、現在、これを受けて日時等について調整を致しているところです。いずれにしろ、諸般の状況を総合的に勘案しながら調整していくということです。「祝賀御列の儀」以外の式典は、予定通り行います。

森田)政府は22日のパレード「祝賀御列の儀」を延期して、来月11月10日に開催する方向で調整に入りました。政府の関係者は「台風の被害が大きいですから、避難生活を続けている人もいるので」ということを話していたようです。この辺りも致し方ないというところですね。

山本)新しい天皇陛下のご即位ということで、祝賀ムードを高めることは本来好ましいのですが、被災地で大変な思いをされている方の心情に思い致すことも必要でしょうね。

森田)天皇、皇后両陛下も15日に宮内庁を通じて被災者へのお見舞いの気持ちを発表されています。被災地でも、「残念ではあるけれど、国民のことを考えて寄り添ってくださっていると感じる」と話す方々もいます。「事態が落ち着いたら開催していただきたい」と願う声が被災地でもあるようですが、いまのところ11月10日に開催する方向で調整に入っているようです。

ザ・フォーカス
FM93AM1242ニッポン放送 月-木 18:00-20:20

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送天皇陛下の即位祝賀パレード延期~11月10日開催の方向

Share Tweet LINE コメント

page
top