grape [グレイプ]

EU離脱の条件でEUと合意も~困難な英議会での了承

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月18日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。EU離脱の条件について、イギリスのジョンソン首相とEUのユンケル委員長の間で合意に達したというニュースについて解説した。

EU離脱の条件、イギリスとEUが合意

イギリスがEU(ヨーロッパ連合)から離脱する期限が10月末に迫るなか、イギリスのジョンソン首相とEUのユンケル委員長は17日、それぞれのツイッターでEUからの離脱の条件について、双方の交渉団が合意に達したことを明らかにした。合意した内容はEUとイギリス議会の承認が必要となるが、イギリスでは野党の反発が強く、ジョンソン首相が議会の支持を得られるかは不透明とみられている。

飯田)その条件ですが、北アイルランドをめぐってというところが焦点のようです。メールやツイッターで質問をいただいたのですが、“まるまるぽんぽん“さん、川崎市高津区の方。「この合意案は、アイルランド国境問題をどう扱っているのでしょうか?」。

宮家)EUを離脱するときに、北アイルランドはアイルランドの島にあるわけだから、微妙な立場になりますよね。いままでは北アイルランドに特別な地位を与えるということだったのですが、それでは英国にとって完全な離脱ではないと、ジョンソンさん自身が言っていたわけです。バックストップ条項という複雑な仕組みをつくって、北アイルランドについては少しEU的なものを残そうとした。しかし、それはだめだと言って、ジョンソンさんは今回これを切ってしまったのですよ。バックストップがなくなったということで、ジョンソンさんはハッピーなのです。

英中部マンチェスターでの与党保守党大会で演説するジョンソン首相=2019年10月2日(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社

英とEUが離脱条件で合意しても、イギリス議会で可決されない~同じことの繰り返し

宮家)しかし、これは東京オリンピックのマラソンと同じで、戦略的に間違っていることは、戦術的にどうやっても直らないということの典型例です。ブレグジット自体が戦略的な間違いだと思うから、どんなに頑張っても必ずどこかで反対者が出る。これはゼロサムゲームなのです。ノンゼロサムにはならない、みんながハッピーにはならないのです。つまり誰かが傷つかなくてはいけない。だから、イギリス政府とEUが離脱条件で再度合意しても、結局誰かロンドンの議会で反対する者がいるから、それでアウトなのですよね。今回もそうでしょう。これをノンゼロサムゲームにするのが難しいとなると、おそらく今回の案もイギリス議会を通過しない。イギリス議会でもし可決でもされたら、ジョンソンさんは大宰相ですよ。おそらく難しいと思う。それでどうなるかと言うと、自動的にまた離脱の期限を延長するわけです。

飯田)先にイギリス議会でそれを決めていますものね。

宮家)ダメだったら延期するでしょう。延期したら、またふりだしに戻る。そこでまた新しく離脱条件の合意をやっても、今度は別の人が反対するに決まっているのです。

飯田)事実上は合意したと言っても、離脱ではないとなったら、保守派が。

宮家)もともといろいろな意見があまりにも多くて、1つの意見に収斂しないイギリス議会にも問題があるわけですが、そうなるとどうなります? これを永遠に繰り返すことになるのです。そんなことをしたら、イギリスはおかしくなってしまいますよ。以前私はこれを大英帝国の黄昏だと言いましたが、本当に困りましたね。こんなことで大丈夫なのかと心配になりますよね。

飯田)経済的にも何も決まらない、どうなるかわからないということが影を落としているようですね。

宮家)国際社会の中でイギリスの比重、イギリスの重要性がどんどん低下してしまうだけだから、これは自殺行為なのですよ。よく考えて、そもそもEUを出るのがおかしいではないですか。どうしてもそれをやるのだったら、もっとうまい方法を考えなくてはいけないけれども、なかなかみんな意見を変えないですね。

「合意なき離脱」の方向へみんなで向かっている

飯田)19日にイギリス議会で投票が行われるだろうということです。労働党のコービン党首などは、ここは否決をして、もう1度国民投票をやるべきだということも言っておりますけれども。

宮家)それも私は反対です。では前の1回目の国民投票の結果はどうなったのかということになる。同じ結論が出るのだったらやっても意味がないでしょう。逆に違う結論が出てしまったら、攻守を変えて、今度は反対派が強くなるだろうから、どちらにしても解決はできない。コービンさんも少し無責任な言い方ではないかと思います。イギリスの将来を考えたら、あなたたちが世界の民主主義のお手本だと言うのであれば、妥協しなくてはいけないだろうと。良い意味で妥協をしなかったら民主主義ではないのだから。もちろん原理原則はあるのかもしれないけれども、いまのままこれをやっていたって、よいことではないですよね。しかし、コービンさんも困ったものなのですが、その前にジョンソンさんの保守党は連立与党を組んでいるわけでしょう。連立与党を組んでいるアイルランドのDUPが反対しているのですよね。それはそうですよ、北アイルランドの自主性という特性がなくなってしまったのですから、賛成できないですよね。そうすると与党が割れてしまう。保守党は少数派ですからね。どうするのでしょう。

飯田)入り乱れていて複雑で、労働党のなかでも一部に離脱賛成の人がいるから票読みができない、という話もあります。

宮家)結局は合意なき離脱の方向へ、みんなで突進しているということですよね。これは決して健全な方向ではないと思いますけれど。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送EU離脱の条件でEUと合意も~困難な英議会での了承

Share Tweet LINE コメント

page
top