grape [グレイプ]

リーチ主将「日本代表になりたい子どもが増えればうれしい」~日本でのラグビー文化の浸透

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(10月21日放送)に元外務省主任分析官・作家の佐藤優が出演。ラグビー日本代表の健闘と、今後の日本でのラグビーの発展について解説した。

【ラグビーW杯2019日本大会 日本代表 総括会見】会見に臨むジェイミー・ジョセフHC(手前左)、リーチ・マイケル(手前右)ら日本フィフティーン=明治記念館  2019年10月21日 写真提供=産経新聞社

ありがとう日本代表~激闘の桜のジャージ、南アフリカに敗れるも、日本中から万雷の拍手

ラグビーワールドカップ日本大会は20日、東京都調布市の東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本代表は南アフリカ代表に3-26で敗れた。前回イングランド大会3位で優勝候補の南アフリカに対し、日本は立ち上がりに先制トライを決められたが、田村のペナルティーゴールで2点差とし、そのまま前半を折り返す。しかし、後半は圧力を増した南アフリカに点差を広げられ、トライを奪えないまま、前回大会の初戦で破った相手に雪辱を許した。試合後、キャプテンを務めたリーチ・マイケル選手は、涙を流す仲間たちに「下を向く必要はない。このチームをキャプテンとして誇りに思うし、選手一人ひとりも誇りに思うべきだ」と語った。

森田耕次解説委員)準々決勝で敗退した日本代表は21日、東京都内で記者会見をしました。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは、ときおり目を潤ませながら、次のように述べました。

ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ)3年間、このチームはハードワークを続けてきました。そして、今年はいままで以上に努力を重ね、いい状態になってベスト8を目指すことができました。

森田)その上で、「いろいろな人たちのサポートがあり、ここまでチームを強くできた」と話しています。21日の記者会見には選手31人が全員出席しまして、たいへん晴れやかな表情でした。リーチ・マイケル主将の記者会見です。

リーチ・マイケル主将)このチームのキャプテンをできて誇りに思います。2011年からここまで、日本代表の成長を感じます。ベスト8まで行ったことはすごく嬉しい。ジェイミーヘッドコーチと「ワンチーム」をつくり上げた結果だと思います。

森田)南アフリカとの準々決勝は、トライを奪えずに3-26と完敗ではありましたが、ここまでよくやったということですね。佐藤さんは、この結果をどうご覧になっていますか?

ニッポン放送「ザ・フォーカス」

今後の日本ラグビーの発展

佐藤)ベスト8に入ったのは大きいことだと思います。これで特に子どもたちのラグビー人口が大きく増えていくのではないでしょうか。

森田)そうですね。リーチ・マイケル主将も「日本代表になりたいと思う子どもが増えればいちばん嬉しい」と会見で言っていました。テレビの視聴率も、20日にNHK総合で放送されましたが、瞬間最高視聴率が関東地区で49.1%。平均視聴率は関東地区で41.6%。今大会の中継番組としてはいちばん高かったということです。

佐藤)森田さんの高校生のころ、高校にラグビー部はありましたか?

森田)高校ではありませんでした。大学の授業の選択にラグビーがあったのですが、激しそうなので選択しませんでしたね……

佐藤)私たちは高校1年生からラグビーが必修だったのですよ。埼玉県の浦和高校です。ですから、そのころの周りの反応は「えっ、あなたたちの高校はラグビーをやっているの?」くらいでしたが、だいぶ状況が変わってきましたね。

【ラグビーW杯2019日本大会 日本代表対アイルランド代表】後半 試合に勝利し、歓喜する日本代表フィフティーン=2019年9月28日、静岡スタジアム  写真提供:産経新聞社

森田)私はフランスが好きなので、20日のフランス対ウェールズの試合を見ました。退場者がフランスに出てしまって、1点差でウェールズに敗れたのですが。

佐藤)ウェールズからだと思うのですが、かなり熱心なファンの人たちも(日本に)来ていますよね。

森田)そして、4年後はフランスが開催国なのですよね。ですから間違いなく強くなってくるでしょうし、これからの準決勝、ウェールズ対南アフリカと、イングランド対ニュージーランド。どこが頂点になっていくのか非常にわくわくしますよね。

佐藤)私がざっくり見ているところだと、イギリスから来てる人……ウェールズ、スコットランド、北アイルランドも含めて……そしてニュージーランドから日本に来ている人が多い感じがします。

森田)そうですね。そして、今回の日本チームは外国出身者が15人。帰化された方も半分以上いますが、こういう多様性が今後浸透していくと思いますか?

佐藤)そう思います。そして、ラグビーはそういうことに対する偏見の少ないスポーツです。

森田)日本国内でもラグビーが文化として根付いていくのか。

佐藤)そこは、小学生たちがラグビーにどう関心を持っていくかということが関係していると思います。

森田)そして、ラグビーの人気がなかった他の国にも広がっていく可能性があります。まだベスト4の戦いが残っていますので、注目していきたいと思います。それから、ラグビーの日本代表が菊池寛賞を受賞したそうです。

佐藤)日本文学振興会の賞ですよね。日本全体を元気づけるような活動に賞を出していますからね。

ザ・フォーカス
FM93AM1242ニッポン放送 月-木 18:00-20:20

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送リーチ主将「日本代表になりたい子どもが増えればうれしい」~日本でのラグビー文化の浸透

Share Tweet LINE コメント

page
top