grape [グレイプ]

テレ東・佐久間P、人気ナレーターの魅力を熱弁 “勝負”をかける時は「服部潤」

By - オールナイトニッポン.com  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

11月13日(水)深夜、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時~)に、人気ナレーターの服部潤が生出演。テレビ番組におけるナレーターの重要性や、服部の魅力を語った。

服部は「ゴッドタン」、「水曜日のダウンタウン」、「ミュージックステーション」、「王様のブランチ」、「とんねるずのみなさんのおかげでした」など、数々の人気テレビ番組でナレーションを担当。

服部と14年もの付き合いだという佐久間は、「大げさでも何でもなく、服部さんの声がテレビから流れない日は一日もないと思います」と紹介し、「ナレーターというのは番組にはすごく大事なんですよ」とナレーターの重要性を力説。服部とは初めて仕事をした時からその声と技量に魅了され、いまも絶大な信頼を寄せていると語った。

佐久間:付き合いは14年。『ゴッドタン』の初回特番が2005年だったんですけど、これが僕にとって初めての特番で、初めて総合演出もさせてもらった番組だから、ナレーターを新しい人にしたいという時に、音楽番組のスタッフから服部潤さんのことを聞いたんです。

服部:テレビ東京でやっていた『MUSIX!』という、モーニング娘。の音楽番組ですかね。

佐久間:その時の服部さんは、ナレーターとしてのキャリアは4~5年目ぐらいで、まだそんなにたくさんやっていなかったけど、試しに『ゴッドタン』の特番をやってもらったんです。“アバン”という、番組オープニングで放送の見どころを紹介してもらう仕事を。今はアバンが結構短くなっていますけど、14年前ぐらい前はアバンをたっぷり作って、この番組はこういうのがあって面白いですよ~、というのを流していたんです。

服部:うんうん。

佐久間:そのナレーションを読んでもらった瞬間、これは本当に嘘じゃなくて、僕はナレーションブースの隣でキューボタンを押して、震えていたのよ。この番組、超おもしろそうに聞こえる! と思って。服部さんの声が乗っかったら『ゴッドタン』という番組がめちゃくちゃ面白そうに感じた。

服部:そんなこと、一回も言われたことがなかったけどなあ。

佐久間:うん。ないない、今まで一回も言っていないです(笑)

服部:だから最初、何で『ゴッドタン』に選ばれたのか聞いたことがなかったから、そういうことなのね。

佐久間:そう、アバンを読んでもらって服部さんに決めたんです。その時のあれ、言ってくださいよ。『この後、おぎ(小木博明)は~』っていうやつを……。

服部:『この後、おぎは~オッパイが見れるのかあー!??』

佐久間:アハハハハ、これこれ!(笑)。僕はこれを聞いてシビレたんです。面白そう! って。

佐久間:そういえば最近、服部さんに謝らなきゃいけないことがあって……。

服部:?

佐久間:テレビ東京の『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~』という番組で、これは絶対に面白くてレギュラーになる番組だと思ったので、服部さんにナレーターをお願いしたんです。レギュラーになりそうな番組は、僕はまず服部さんにお願いしようと思っていて、僕が勝負をかけるときのナレーターの一人なんですよ。だから服部さんに初回特番をやってもらったんです。

服部:そうね。

佐久間:それが凄く好評で、2回目のゴールデンでの特番も服部さんにやってもらって。

服部:そうそう。

佐久間:それで『“~滝沢カレンのわかるまで教えてください~”が10月からレギュラー化です!』ってなったら、まさかの『水曜日のダウンタウン』の裏番組だった(笑)。

服部:アハハハハハ(笑)

佐久間:それで服部さんにすぐ連絡して、『すみません、水曜日のダウンタウンの裏なんですけど……。服部さん、服部さんから藤井くん(藤井健太郎 ・水曜日のダウンタウンの番組プロデューサー)に言ってもらって、“~滝沢カレンのわかるまで教えてください~”もやってもらえませんか?』って言ったんだけど、どう考えてもやれるわけがなくて。それでナレーターを変更しました。ナレーターさんも、裏かぶりはダメなんですよね。

服部:そうなんだよね。あの番組もやりたかったんだけどね。

佐久間:特番で、仲のいいプロデューサーだったら『まあまあ、いいよ』みたいな感じになったりするんだけど、いくら僕が藤井健太郎くんと仲が良くても、レギュラー同士のガチンコは(ナレーターが被ることは)ダメなんですよね。

また、佐久間が手掛ける番組で服部がよく採用されている理由について、「VTRにつないでいる時点で、その人の声が(服部の声が)なっちゃっている。最初に浮かでいる」と語り、女性ナレーターの場合は沢城みゆきで、よく依頼していると明かした。

この他にも、各番組や番組を手掛けるプロデューサーでのナレーション録りの違い、佐久間を驚かせた服部のナレーションテクニックについてなどを語った。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日:2019年11月13日(水)27時~28時30分
パーソナリティ:テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20191114030000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/sakuma/

radikoのタイムフリーを聴く

オールナイトニッポン.com

日本一有名なラジオ番組オールナイトニッポン。話題のニュースやラジオの番組情報、オリジナルコンテンツを揃えています。
オールナイトニッポン.com 公式サイト

出典
ニッポン放送テレ東・佐久間P、人気ナレーターの魅力を熱弁 “勝負”をかける時は「服部潤」

Share Tweet LINE コメント

page
top