grape [グレイプ]

三四郎・相田、ドラマ「まだ結婚できない男」での“キーパーソン役”抜擢に歓喜

By - オールナイトニッポン.com  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

11月15日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。先日、ドラマ「まだ結婚できない男」(毎週火曜日夜9時~カンテレ・フジテレビ系)に出演した相田が、自身の演技について振り返った。

ドラマ「まだ結婚できない男」は、2006年に放送された「結婚できない男」の続編。偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない独身の建築家・桑野信介を阿部寛が演じている。第6話では、相田の出演シーンが初めて放送され、それを観たリスナーから映画「ジョーカー」の主演を務めたホアキン・フェニックスの演技と同じくらい感激した――、という内容の感想が届き、相田が自身の演技を振り返った。

小宮:ええ!? すごい! 結構、高評価だね。

相田:そこまでじゃないですよ(笑)。ホアキン・フェニックスさんよりは……。

小宮:そりゃそうだよ! すごい、謙遜しているけど。

相田:いやいやいや、申し訳ない、すいません。

小宮:まんざらじゃない感じをやめろ!(笑)

相田:恐縮です。ありがたいんですけどね。ジャンルが違いますし、すいません。

小宮:いや、分かっていますよ。

相田:僕も(ジョーカーを)観ましたよ。すごかった! だから一緒にされると……ありがたいんですけどね。

小宮:良くない傾向だな。調子に乗っちゃったな。

相田:でもリスナーは震えたと思いますよ。

小宮:役柄がね。

相田:役柄は重要な役でしょ。散々ね、俺がどうやって出るか、リスナーも予想をしてたじゃない? で、ちょっと前のフリートークで言ったけど、『阿部寛さんの横で、横断歩道を渡ったのは相田じゃない?』とか。

小宮:ああ~。まだ出てないから、ファンの人がね。

相田:そんな雑魚キャラじゃないのよ、こっちは。超絶キーパーソン。1話の冒頭でさ、桑野の誹謗中傷をね、(ブログで)散々書いて。そのことがきっかけで……。

小宮:展開するんだよね?

相田:それを相談しにね、桑野が吉田羊さんの法律相談所に行って、2人が出会うわけよ。で、毎話毎話、ブログがネット検索で何位なのかを桑野が調べるわけ。それがさ、ちゃんと伏線になっているのよ。(調べるのが)桑野さんの1日のルーティーンみたいになってて。その度に吉田羊さんの所に行って、仲が段々深まる。で、6話でブログの犯人の名前が分かりました。何て名前ですか? 大和貴史って名前です。なんと、これから大和貴史が法律相談所に来るみたいです。桑野が驚きます。そして次のシーン、桑野と吉田洋さんと会う男、その第3の男・大和貴史こと、やっくん役が、私・相田でした! ありがとうございます。いや~良い役、良い役だよね。

小宮:いや~すごい、良い役だな~。ビックリした。いきなり出て来たもんな。

相田:やっくんが居なかったら、2人は出会っていないわけですから。

小宮:阿部寛さん、吉田羊さんで、いきなり出て来たもん、相田が。ビックリした。CGみたいな感覚だったもん。『え!? 何コレ!? すごい!』と思って。

相田:ははははは(笑)。本当に大変だったのよ、役作りも。監督は役のイメージがもう出来ているわけだから。

小宮:発注があったの?

相田:そう、発注があったのよ。なかなか難しい発注だったんだけど、リハが終わったあとに、監督さんが来て、僕に“キモかわ”を目指してほしいと。大変なのね、分からないかもしれないけど。“キモい”、“かわいい”、どっちかだったら簡単に出来るのよ。でもさ、両方は難しいよね。

小宮:ああ~、どっちかに偏っちゃうもんね。

相田:キモかわっていうのは難しいから、ちょっと苦戦をしたんですけど、でもまあ、満足がいくアクティングが出来たんじゃないかなって思いますね。

小宮:アクティングなんて言葉は使わないよ。

相田:最後は泣いて歩道橋を降りるシーンがあるんだけど、あそこはオマケみたいなもんで。あそこは別に可愛さを出したわけじゃないのね。

小宮:ああ~。あそこは、可愛さはいらない? キモいだけでいい?

相田:そうそうそう! だから、階段を降りるって言ったら、ジョーカーだよね。ジョーカーと一緒。

小宮:ああ~、あれで踊ればね。

相田:そうそう(笑)。踊るか泣くかの違いだったから。奇しくもジョーカーと一緒だったのよ。

歩道橋の階段を降りるシーンは、映画「ジョーカー」の1シーンを彷彿させる演技だったと自画自賛した相田。別のシーンでは危ない感じを出そうと考え、泣いてる途中で急に笑うという演技を実践したと語り、「それもジョーカーなのよ」とホアキン・フェニックスを意識したと明かした。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「三四郎のオールナイトニッポン」
放送日:2019年11月15日(金)25時~27時
パーソナリティ:三四郎(小宮浩信、相田周二)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20191116010000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/sanshiro/

radikoのタイムフリーを聴く

オールナイトニッポン.com

日本一有名なラジオ番組オールナイトニッポン。話題のニュースやラジオの番組情報、オリジナルコンテンツを揃えています。
オールナイトニッポン.com 公式サイト

出典
ニッポン放送三四郎・相田、ドラマ「まだ結婚できない男」での“キーパーソン役”抜擢に歓喜

Share Tweet LINE コメント

page
top