grape [グレイプ]

捨てられて人間を信頼できなくなった犬に愛情を注ぎ続けたら… 結末に涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Carley Coca

アメリカ・フロリダ州の動物保護施設でボランティアをしているカーリー・コカさん。

彼女はFacebookで「教会の駐車場に3匹の犬が捨てられています。どなたか犬たちを保護して、健康な状態にしてあげてください」という投稿を見つけます。

痩せ細り、悲しそうな目をした3匹の犬の写真を見たカーリーさんはすぐにこう思いました。

私が助けに行かなくちゃ。

迷うことなく彼女は車に乗り込み、犬たちがいる教会へ向かいます。するとそこには写真に写っていた3匹の犬がいました。

3匹のうち2匹はカーリーさんに近づいてきましたが、1匹は彼女に対して警戒心むき出しで捕まえることができなかったのです。

彼女はなんとかこの犬を捕まえようとしてあらゆる手を尽くしますが、最後には手を噛まれてしまったのだそう。

また大雨が降っていたため、彼女はあきらめて、この日は2匹だけを連れて帰ることにしました。

カーリーさんは2匹を『ゼウス』と『リリー』と命名。犬たちはこの夜、久しぶりにお腹いっぱい食べて、柔らかいベッドで眠りにつきました。

人間に捨てられ、人を信頼できない犬

翌日、カーリーさんは再び教会を訪れます。そしてこの日から、犬の信頼を得るための彼女の挑戦が始まったのです。

彼女はこのオス犬を『チャンス』と名付けました。彼の警戒心を解くためにリリーを連れて行き、食べ物をあげて少しでも近づこうとしますが、犬は相変わらずカーリーさんを怖がって逃げてしまいます。

結局この日もチャンスを捕まえることはできませんでした。

犬の信頼を得るため、毎日通い続けた結果…

カーリーさんは決してあきらめることなく、毎日食べ物を持ってチャンスのところに通い続けます。

しかしある程度の距離までは近づけるものの、どうしても彼を捕まえることはできません。

7日目についに奇跡が!

通い続けて7日目。ついに奇跡が起きます。

カーリーさんがいつものように教会に到着すると、なんとチャンスが彼女を出迎えてくれたのです。チャンスは尻尾を振りながら、カーリーさんの手を舐めたといいます。

それはチャンスが再び、人を信頼することができた瞬間でした。

この後カーリーさんはチャンスを連れて家に帰りました。

彼女の家に着いた時、チャンスはもはや1週間前と同じ犬とは思えないほど、素直でかわいい性格になっていました。きっとこれが本来の彼の姿なのでしょう。

先に保護したゼウスとリリーは正式な里親が決まるまで一時的に世話をするフォスターファミリーに引き取られることになったのだそう。

ただチャンスだけはカーリーさん自らが最低90日間は世話をする予定だということです。なぜなら、もしチャンスをシェルターに預け、そこで彼がカーリーさんに噛みついたように誰かを攻撃してしまったら、彼はすぐさま安楽死させられてしまう可能性があるから。

カーリーさんはチャンスに出会ってから3日目に、彼の元飼い主に宛てたメッセージをFacebookに投稿していました。

あなたの犬を捨てたくそったれへ

…今日私はあなたの犬を見つけました。彼は汚れと虫にまみれ、ろっ骨が浮き出ていました。

彼は人間と接触するのを恐れています。なぜだか分かりますか?

あなたのせいです。

私はもう3日間、彼を捕まえようとしています。

あなたのせいです。

彼は交通量の多い道路へ向かって走って行きます。

あなたのせいです。

彼は不安で、お腹を空かせ、疲れ切っています。

あなたのせいです。

あなたの身勝手な行為は、この犬をボロボロにしました。

あなたが「何食わぬ顔で」置き去りにした犬は命を失うかもしれない、ということを知ったあなたが今、よりよい生活を送っていることを願います。

どんな理由があるにせよ、ペットを無責任に捨てることは許されることではありません。

どうしても飼えない事情があるなら、動物保護施設に預けるか、引き取ってくれる人を探す努力をするべきです。

カーリーさんの愛情によって再び人を信頼することが出来たチャンスが、これからはずっと家族に愛されて幸せに生きていけるといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Carley Coca

Share Tweet LINE コメント

page
top