grape [グレイプ]

肉まん? 豚まん? あなたの呼び方はどっち?

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週月~金曜日朝8時から放送しているニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』。ふつーの男、沖縄県宮古島出身のアナウンサー垣花正が、今の話題をハッピーにお届けしていきます!

11月28日のニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」では、地域によって変わるモノの呼び方を特集した。

冬に食べたくなる物といえば、ほっかほかの「肉まん」だが、人によっては「豚まん」と呼ぶ。

一説によると「豚まん」と呼ぶのは、奈良県、和歌山県、大阪府、兵庫県の関西4府県で、それ以外は「肉まん」が一般的。なぜ関西だけが「豚まん」と呼ぶのか?

関西では、松阪牛や神戸牛など牛肉の産地が多いことから、一般的に「肉」というと牛肉を指す。そこで、「肉まん」と呼ぶと牛肉を意味してしまうので、「豚まん」と呼ぶようになったと言われているという。

他にも、地域によって呼び名が変わるものはたくさんある。

例えば「豚汁」。全国の7割近くは「とんじる」と呼ぶが、北海道と九州北中部では「ぶたじる」が一般的。

「今川焼」と「大判焼」……縁日の屋台でもおなじみの和菓子だが、全国的には、実は「大判焼」が一般的。しかし、地域によって様々な呼び名があり、主に関東では「今川焼き」。関西&九州では「回転焼き」。そしてなぜか兵庫では「御座候」。

それぞれ諸説あるが、「今川焼」は、今川焼きを最初に作って売ったのが、江戸時代中期に江戸の今川橋付近にあった店だから。「大判焼」は、「今川焼」よりも大判であったこと、「回転焼き」は、円形の焼き型を回転させながら焼いたことから。「御座候」は、兵庫県姫路市に本社を置く回転焼店の屋号で兵庫だけでその呼び名が定着。他にも「二重焼」(広島)や「おやき」(北海道、東北北部)など、地域によって多くの呼び名が存在。コレだけで出身地が分かりそうである。

各車の練習風景(Wikipedia 自動車教習所 より)

続いては「自動車学校」の呼び名。これも「今川焼」と同じく、地域によって異なる。一般的には、「自動車学校」「教習所」という呼び方が、広く浸透しているが、「車校」という呼び方も多く呼ばれており、愛知県では9割近い人が「車校」と呼んでいるそうである。

また、独自の呼び方が定着している地域もあり、秋田県では「自車学(じしゃが)」、新潟県では「車学(しゃがく)」、北海道では「自学(じがく)」。さらに、沖縄では「自練(じれん)」という独自の呼び方も存在。「練」は「練習」からきており、昔、沖縄では、そもそも自動車教習所は「自動車練習所」と、呼ばれていたことから、その名残で「自練」が定着しているという。

そして、懐かしい「学校の休み時間」の呼び方。小学校の2時間目と3時間目の間にあった「ちょっとだけ長い休み時間」。実はこの休み時間にも、全国各地でさまざまな呼び名が存在。一般的には「20分休み」や「中休み」「業間休み」などが全国各地で使われているが、京都の「中間休み」、広島の「大休憩」など、全く異なる呼び方をする地域もある。

その中でも変わっているのが愛知県の「20分放課」。「放課」という字は放課後の「放課」だが、愛知県では休み時間のことを「放課」と呼ぶ。例えば、10分休みなら「10分放課」、昼休みは「昼放課」。また愛知県では「放課後」とは言わずに、「下校後」「授業後」などのように表現する。

前島花音アナウンサー 中瀬ゆかり 那須恵理子 垣花正

こうした、地域によって変わるモノの呼び方について、この日の番組に出演していた新潮社・出版部部長の中瀬ゆかりは『言葉の文化や喫茶店など、特に愛知県は変わっていますね。その地域だけで発展、ガラパゴス化したものが多いんでしょうかね』とコメントした。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-木 8:00-11:30

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送肉まん? 豚まん? あなたの呼び方はどっち?

Share Tweet LINE コメント

page
top