grape [グレイプ]

アンパンマン声優・戸田恵子、自身にとっての聖地は「やなせたかし先生」の故郷

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

12月1日(日)、女優の戸田恵子がパーソナリティを務めるラジオ番組「三菱電機プレゼンツ 戸田恵子 オトナクオリティ」(ニッポン放送・毎週日曜14時~14時30分)が放送。いま話題の聖地巡礼地を紹介する中、長らくアンパンマンの声優を務める戸田は、「アンパンマン」の作者・やなせたかしさんの聖地について語った。なお、この日の放送は福岡国際マラソン中継のためニッポン放送ではオンエアされず、ネット局のみの放送となった。

聖地巡礼のもともとの意味は、宗教の発祥地とされる場所や、聖人などが生まれたとされる場所を訪れることだが、最近は、ある事に対する思い入れが強い場所を訪れることを「聖地巡礼」と呼んでいる。

番組では、アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の舞台となった埼玉県・秩父市、「ゲゲゲの鬼太郎」と縁がある東京・調布市や鳥取県・境港市といった聖地や、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手の聖地とされているスケート場「アイスリンク仙台」、大崎八幡宮、さらにクイーンやシャーロック・ホームズといったさまざまな聖地を紹介。

エンディングでは、戸田も自分にとっての聖地を語る中で「アンパンマン」の作者・やなせたかしさんの故郷を挙げた。

「私は何と言っても、やなせたかし先生が育った高知県の香北町(かほくちょう)という所。すごい田舎なんですけど、アンパンマンミュージアムもあるし、お墓参りにも行かせていただくんですけど、本当に“聖地”っていう感じがいつもするんですよね。田舎の方のお墓って、わりと自宅のすぐそばにあったりして。先生が住んでいらしたお家の所に、新しい敷地というか、公園みたいな墓地になっているので、墓地周りの景色は昔と何ら変わっていないらしいんですよ。

近くに神社もあったり、川も流れていたり、山があったり、あー……先生は子供の頃、こういう所で過ごして遊んでいたんだな……って、いつも行くたびに感じるんです。こういう所で育ったんだ、ここを走っていたのかな? この山を登っていたのかな? とか。そういう思いを馳せるさせることができるんですよね。」

高知県・香北町の穏やかな風景を見ると、やなせさんの面影を感じてしまうのだと戸田は語っていた。

ニッポン放送「三菱電機プレゼンツ 戸田恵子 オトナクオリティ
パーソナリティ:戸田恵子
番組HP:https://www.1242.com/otokuri/

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送アンパンマン声優・戸田恵子、自身にとっての聖地は「やなせたかし先生」の故郷

Share Tweet LINE コメント

page
top