grape [グレイプ]

世界初のキャッシュレス決済を日清が考案 気付いてはいけない『答え』に気付き断念

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

世はまさに、キャッシュレス戦国時代。

『Pay Pay(ペイペイ)』や『LINE Pay(ラインペイ)』など、ちまたではさまざまな『○○Pay』が生き残りをかけてしのぎを削っています。

キャッシュレス決済サービスが群雄割拠の様相を呈す中、新たにキャッシュレスの戦場に身を投じようとする者がいました。

それは、日清食品株式会社(以下、日清)。

『カップヌードル』をはじめ、ヒット商品を数多く世に送り出してきた日清のネームバリューは抜群。その点は、新規参入において追い風となるでしょう。

とはいえ、一体なぜ食品加工会社がキャッシュレス決済サービスに…。

そんな小さな疑問と戸惑いは、サービスの内容を聞くことで無視できないほどにふくれ上がるでしょう。

日清の『どんPay』とは?

その名も『どんPay』は、ふっくらおあげを用いた世界初の食べられるキャッシュレス決済サービス。

ご安心ください。日清が構想した『どんPay』なるキャッシュレス決済サービスをすぐに理解できた人は、多くありません。むしろ、0人なのではないでしょうか。

しかし、日清側はいたって本気。ついには、こんなCMを作ってしまいました。

CMも作り、リリース準備が進むものの?

乱立するキャッシュレス決済サービスに対し、「いつ、どこで、どれを使えばいいの?」と混乱しているであろう利用者の思いを汲み取り、今回の『どんPay』を構想したという日清。

リリースに向けて準備を進める中で、無視できない『答え』に行き着いてしまったといいます。それは…。

そもそも、食べられるキャッシュレスを求めている人は少ないことが判明したため開発を中止。

気付くの遅っ…!!

こうして、日の目を見ることなくお蔵入りとなった『どんPay』。

しかし、それではあまりにも不完全燃焼だったのか『ファミペイ』でどん兵衛を買うことを『どんPay』と呼ぶことにしたといいます。

この壮大な茶番劇はネット上で話題を呼び「嫌いじゃない」「好き」と大きな反響が。

・これまで使う機会なかったので、どん兵衛をキャッシュレス決済で買ってみます!

・CMで吹き出した。くだらなすぎる…!

・嫌いじゃないし、むしろ好き。盛大なコント。

これまでにも、個性的な発想で数々の『迷CM』を世に送り出してきた日清。

しかし今回の『どんPay』は、さすがに日清側の思考回路もショートしてしまったのかと不安になりました…!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top