grape [グレイプ]

「下を向いて歩こう!」古希を迎えたテリー伊藤が同世代に提言する「男の生き方」

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週月~金曜日朝8時から放送しているニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』。ふつーの男、沖縄県宮古島出身のアナウンサー垣花正が、今の話題をハッピーにお届けしていきます!

テリー伊藤が1月6日(月)、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」に生出演。現在、70歳で古希を迎えたテリーが、同世代の人々に向けて「男の生き方」を提言した。

下り坂の手段を覚える。下を向いて歩こう

テリーは、「70歳は人生の下り坂」という事を認識することが大切だと語った。一見、「上を向いて歩く」という言葉は前向きのように思えるが、テリーは「箱根駅伝も、上りの5区より、下りの6区の方がキツイですよね?」と箱根駅伝のコースに例えつつ、しっかり自分の足下を見て、自己分析し、自分の出来る事を見つめる事が大切だと述べた。

無二の親友はいらない

テリーは「無二の親友が死んだ場合、(自身の心が)ボロボロになる可能性がある」と語り、相手や自分にとって重荷になったり、依存しあう関係は、失った場合のリスクが大きいと指摘。友人関係は「浅い(関係の)友人をたくさん作るぐらいでいいんですよ」と見解を示した。

趣味を持ったら発表する場所を作る

「老後は、趣味を持った方がいい」という話をよく耳にするが、テリーは「趣味を持つだけじゃダメです!」とし、「色んなところに発表する場所を持つ事が大切」と明かした。

「僕もYouTubeをやってるんですけど、面白いと思って動画を作る。それで再生回数が少ないと悔しいんです」

テリーは、自分の中だけで完結するような趣味ではなく、第三者に評価されるような環境を作る事で、趣味にモチベーションを保つ事ができるという。

最後にテリーは「僕が言った事は全部の人に当てはまることじゃないですけど、生きていく上で大切な事だと思います。」とした上で、「一番大切なことは“笑える事”ですね」と締めくくった。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-木 8:00-11:30

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送「下を向いて歩こう!」古希を迎えたテリー伊藤が同世代に提言する「男の生き方」

Share Tweet LINE コメント

page
top