grape [グレイプ]

「豆がほくほく」「福来たわコレ」 余りがちな『節分の豆』を炊いてみると?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

節分の日の楽しいイベント『豆まき』。

豆まき用の豆には、炒った大豆を使いますが、毎年節分が終わった後に余ってしまうという声もよく聞かれます。

そこで、料理研究家のリュウジ(@ore825)さんは、余った豆の使い道を考案。

Twitterに投稿されたレシピが、多くの反響を呼びました。

「節分豆の塩炊き込みご飯」

紹介された『節分豆の塩炊き込みご飯』のレシピは、以下の通り。

【材料 1~2名分】

・米1合

・白だし 大さじ2

・酒 大さじ2

・節分豆 30g

・しらす 25g

・小ネギ 適量

・塩 適量

・ごま油 適量

炊飯器に洗った米、白だし、酒を入れて、基準の水位線より少し上まで水を入れます。

あとは節分豆としらすを入れて、炊くだけ。とっても簡単ですね!

炊き上がったら、お好みで塩やごま油、小ネギなどを加えてください。

リュウジさんいわく「豆がホクホクでクセになるおいしさ」とのこと。

ネット上では投稿を見た人たちからコメントが数多く寄せられました。

・毎年、余った豆をボリボリ食べてました。炊き込みご飯いいですね!

・今まさに節分豆の消費方法で悩んでいました。よい情報ありがとう!

・さっそく炊いてみました。めちゃめちゃおいしいです。

地域によっては落花生で豆まきをする家庭もあるでしょう。

皮をむけば、落花生でも代用可能なので、ぜひ試してみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ore825

Share Tweet LINE コメント

page
top