grape [グレイプ] trend

『GTO』の名曲が赤ちゃん世代に共感を得ている…イントロから渋い表情にご注目

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

子供を育てた経験がある人は、赤ちゃんが何をしても泣きやんでくれない時、どのように対処していましたか。

「テレビの砂嵐を見せたら泣きやんだ」や、「『タケモトピアノ』のCMソングを聴かせたら泣きやんだ!」など、赤ちゃんが泣きやむ映像や音楽は、たびたび話題となりますよね。

そのうちの1つとして、話題となっている曲があります。

それは、俳優・反町隆史さんの『POISON 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜』です。この曲は、1998年に反町さんが主演したドラマ『GTO』の主題歌でした。

実際に、KO(@KO_SLANG)さんが、赤ちゃんに聴かせてみた動画をご覧ください。

なんと、イントロの部分から泣きやんでしまいましたね!

それにしても「なんだ…なんの曲だ」という赤ちゃんの渋い表情には思わず笑ってしまいます。

その後もしばらく、眉間にしわを寄せて聴いていましたが、だんだんと表情も明るくなっていき…。

「なんだ、いい曲じゃん!」

曲を聴いていくうちに、ご機嫌な表情になりましたね!

反町隆史さんの声がいい声だったのか、それともハードボイルドな歌詞に魅了されたのか…赤ちゃんがどこを気に入ったのか、気になります。

この投稿にはこのようなコメントが寄せられました。

・いいたいことをいえなくて嫌だったんですね!

・大人より大人の表情で、めちゃくちゃ可愛いです。

・途中から反町さんの顔マネをし始めていますね。

・もはや、サビから一緒に歌いだしそう。

コメント欄では、赤ちゃんが泣きやむ理由として「心音のリズムに近いから安心するのでは?」や「反町さんの声が、お母さんのお腹の中にいるときに聞いていた音と似ているから」など、様々な憶測が飛び交っていました。

KOさんにはぜひ、赤ちゃんが大きくなった時、どうしてこの曲で泣きやんだのか聞いてみてほしいですね。

もし、赤ちゃんが泣きやまずに困っている人がいたら、一度試してみてください。


[文・構成/grape編集部]

出典
@KO_SLANG

Share Tweet LINE コメント

page
top