grape [グレイプ]

「髪のべたつきが気になる」 シャンプー難民な女性が『あるアイテム』を使ってみたら?

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

頭皮がややべたついていて、ボリュームの少ない髪にコンプレックスを抱えていた筆者。

さまざまな種類のシャンプーを使ってきましたが、どれもしっくりこず、新しいものを購入しては替えるシャンプー難民でした。

シャンプー難民の私を変えた『絹液』

そんな筆者が出会ったのは、富岡製糸場でおなじみの群馬県産黄金繭から作られた『絹液(KINUEKI)』シリーズのシャンプー。

無農薬で養蚕され、厳しい管理のもと生産された希少な黄金繭を使った、ちょっぴりぜい沢なアイテムです。

絹液シャンプー

ワンプッシュすると、とろりとした半透明な液体が出てきます。採れたてのレモンのような香りがふわっと漂い、柑橘系の匂いが好きな筆者にはたまりません…!

濡らした髪につけ、マッサージするように頭皮を洗ったところ、泡立ちもよく、さわやかな香りに包まれながらリフレッシュできました。

普段はべたついている頭皮もすっきり。使用後は、髪のハリやコシがよくなったように感じます。

絹液ヘアミスト

シャンプーでさっぱりとした後に使いたいのが、『頭皮と髪の化粧水』とも呼ばれている、こちらのヘアミスト。

タオルで拭いた髪と頭皮にまんべんなくスプレーして、洗い流さずにそのまま乾かします。

ドライヤーの熱から髪を守ってくれる効果があるので、寝ぐせ直しや髪のセット前にシュッとひと吹きするのもオススメ。

絹液ボディソープ

『絹液』シリーズには、身体に使用できるボディソープもあります。

嬉しいのは、泡立ちのよさです!

ボディタオルを、軽く数回こすり合わせるだけで、泡立てる手間もかからずに、この通り。

たったワンプッシュで、ほどよいボリュームのある、きめ細やかな泡ができます。

実際に身体を洗ってみましたが、やわらかい泡の肌触りはまさにシルクのよう。ボディソープを洗い流した後の感触はさっぱりとしているため、暑い季節には特に嬉しいアイテムかもしれません。

柑橘系のさわやかな香りが全身を包み、リラックスできますよ。

『絹液』でぜい沢にリフレッシュの時間を…

黄金に輝く群馬県産の繭『黄金繭』を、薬品を使わずに漢方製法で抽出した、生きたアミノ酸液ともいえる『絹液』。

世界遺産の富岡製糸場で有名な『富岡シルク』を100%使用した『富岡シルクブランド協議会』認定商品で、実際に富岡製糸場の売店でも販売されています。

【世界遺産】富岡製糸場

なんといっても柑橘系の香りと使い心地のよさが魅力!安全性にも優れているため、子供から高齢者まで使えるのも嬉しいポイントです。

「疲れているあの人にリフレッシュしてほしい」「バスタイムで、頑張る自分を癒したい」…そんな人は、ぜひ試してみてください!

※使用感には個人差があります。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top