grape [グレイプ]

仕事も料理もちゃんとやりたい!忙しい人のための料理の時短技をまとめました

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

子供が保育園に通えるようになり、ようやく職場復帰してみましたが、会社勤めするママは本当に家事をする時間がない!というのを実感しています。

なかでも夕飯作りは日々格闘です。

職場復帰する前は、お昼寝をしている間や子供をおんぶして作ったりと、なんとかこなしていました。しかし、仕事を再開するとまず家にいる時間が少ないため手の込んだものは作れません。しかも、子供はお腹をすかせた状態で保育園から帰ってくるのです。調理する時間が本当にないんです。

今回は私が実際に行っている、食事・買い物に関する時短ワザをご紹介します

悩みがちな献立は予め1週間分をざっくり決めておく

13935_01

主婦がもっとも悩むのが「毎日の献立」。栄養バランスや最近のメニューで同じようなものばかりではないかなど、考えこんでしまってなかなか決まらないことも多いです。

毎日悩むのは時間の無駄なので、週末など時間のある時に1週間分のメニューを決めてしまうととても楽です。そして決めたメニューをホワイトボードなどに書き出しておくと忘れることもありませんし、買い物も楽になります。

メニューが決まらない時は、夫や子供にも考えてもらうのもアリです。食べたいメニューがでてこなくても、なにか食材をリクエストしてもらうだけでも考えやすくなります。また、火曜日は魚料理、木曜日は麺類など曜日ごとに決めてしまうのも楽でいいですよ。

スーパーへの買い物は週に1〜2回もしくは生協や宅配スーパー

13935_02

平日はただでさえ時間がないので、スーパーへ行くのは週末と平日の特売日だけ。献立を決めてから買い物に行けば1週間で必要なものを買うだけですし、うっかり無駄遣いすることも減ります。時間もお金も節約できていいですよ。

生協や宅配スーパーなど、家まで届けてくれるサービスも利用しています。サービスによっては不在でも玄関先に置いてくれるものもあるので、重宝しています。

メイン料理(主菜)は焼くだけ・あたためるだけのカンタン調理品

13935_03

時間のない平日は、味付けや下処理が済んでいる半調理品をフライパンで焼いたり揚げたり、あたためたりするだけのものをメインにしています。焼いている間に汁物や副菜の調理などをすれば、15〜30分くらいで夕飯の支度が終わります。

カンタン調理品は生協や業務用スーパーなどで購入したり、土日にまとめて作ったりしています。

業務用スーパーでまとめ買いしたお肉などを1回分ずつにわけ、調味料やスライスしたタマネギと一緒に冷凍用ポリ袋に入れて冷凍してしまうんです。使う日の朝に冷凍庫から冷蔵庫に移動しておけば帰宅する頃にはほどよく解凍され、フライパンで焼くだけ!調味料を変えれば様々なバリエーションで楽しめますし、ラクチンで美味しいですよ。

副菜はカット済みサラダや常備菜、ささっと作れる時短メニュー

13935_04

我が家では、主菜のほかの副菜は1〜2品だしています。

そのうちの1品はサラダの場合が多いです。週末に沢山用意したりしますが、あまり日持ちしないので、カット済みのサラダを買ったりします。

もう1品は日持ちする常備菜を週末に作りおきしたり、ささっと作れる卵焼きやボイルウィンナーなどを添えたりしています。

続いては節約もできる時短ワザをご紹介します♪

Share Tweet LINE コメント

page
top