grape [グレイプ]

過酷な状況下、命を救う判断をする自衛隊員 台風被害の救助現場、活躍に注目が集まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@134Sim

2015年9月10日、茨城県 鬼怒川の堤防が決壊し、住宅地に水が流れ込み今も懸命な救助活動が行われています。

そんな中、自衛隊の方々の現場の判断能力の高さに大きな注目が集まっています。

現場の判断能力

屋根の上で救助を待っていた老夫婦の腕の中には、2匹の犬が抱えられていました。

16117_02

出典:@misakity1218

こちらは電柱につかまり、足元まで水が迫っている男性。

16117_01

出典:@misakity1218

この状況で、自衛隊員は、先に老夫婦の救助へ向かいました。そして、犬2匹を含め老夫婦を助けた直後に、この家は水に流され倒壊したのです。

その後、電柱の男性も無事救助。もし自衛隊員が違う判断をしていたら、違う結果になっていたかもしれません。

出典
@134Sim@misakity1218@soraumihoshi@horror31884047@fjmy01@murasamechiaki@wioveriyw

Share Tweet LINE コメント

page
top