grape [グレイプ]

銚子港が大量のゴミに埋め尽くされる 【鬼怒川決壊】の影響は水害以外にも

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@anna_200216

日本全国に甚大な被害を及ぼした、台風18号と大雨。特に鬼怒川の決壊は、周辺地域にあまりにも痛ましい傷跡を残しました。

しかし、鬼怒川からの被害は今も拡がり続けているのです。

銚子港は、利根川と鬼怒川が合流し、海に流れ出るポイント。今回の洪水によって発生した土砂やがれきが上流から流れ着き、「漂着ゴミ」となって港を塞いでいます。

このショッキングな様子は、多くの近隣住民によって投稿されていました。

銚子港では、4年連続日本一の水揚げ量を誇る「サンマ」漁が今月4日に始まったばかり。

しかし、今の状況で船のエンジンをかけてしまうと、吸い込んだ漂着ゴミによって船が壊れてしまう恐れもあるそう。

漂着ゴミの量は、11日夕方時点で約6300立方メートル

あまりのゴミの量のため漁船は接岸できず、水揚げにも影響。週明けの水揚げ再開を目指して手作業でゴミをすくい上げるなどしているそうですが、今後も漂着は続く可能性があり、関係者は頭を悩ませています。

本来ならば、穏やかで豊かな港であるはずの銚子港。

少しでも早く、以前のような状態に戻れるよう願います。

出典
@Sid_vicious1979@anna_200216@exploit334@6029malufuku@10dnt10@KeithHoshi

Share Tweet LINE コメント

page
top