ロウソクよりも明るく美しい光 「津軽びいどろ」のオイルランプが癒し

秋冬、少し冷え込む夜は気持ちもなんとなくセンチメンタルになってしまう…そんな時、ゆらりと灯る小さな炎が、心をあたたかく癒してくれますよ。

可愛らしくて、繊細、それでいて機能もしっかりものの不思議なランプをご紹介します。

オイルランプ 赤りんご

16185_04

オイルランプ 青りんご

16185_05

りんごの形をした、オイルランプです。このオイルランプは油煙やスス、臭いが出にくい、優しいあかりです。ロウソクよりも、広く明るく照らしてくれます。

ひとつひとつ手作り!ガラス部分は「津軽びいどろ」

コロンとまあるくて、愛嬌のあるりんごのガラス部分は「津軽びいどろ」という伝統的なガラス工芸品。「宙吹き」という、紀元前一世紀ごろから伝わる技法で作られています。

職人さんがひとつひとつ、命を吹き込むように手作りしているため、製作に2ヶ月はかかる希少なものです。

手作り品のため全て少しずつ形が少し違い、それも魅力のひとつです。表面に入った、小さな小さな模様も、個性的で優しい表情を演出しています。

16185_10

落とす影があまりに美しい

お部屋のインテリアに、置物として十分に可愛らしいりんごの姿ですが、暗い部屋で火を灯したときが最もその美しさを感じられるでしょう。

表面の小さな模様が映し出され、優しく広がるあかり。火を灯してみると、意外にも明るいことに驚くはずです。

16185_07

いつまでも飽きずに眺めていたくなります。置く場所によって、光の雰囲気も変わります。部屋のあちこちに連れて行きたいですね。

火が消える?安心・安全のレインボーオイル

このランプの魅力は、ただ可愛いらしい、というところだけではありません。「火事になりにくいオイル」を使ったランプなんです。

一般的なオイルランプは、真っ黒になるススや煙、匂いに悩まされることも。そしてうっかり転倒させたりして火事にならないか、ということも気になってしまうものです。

でもこのランプは「レインボーオイル」という特殊なオイルを使っているため、その心配がありません。

この画像を見ていただくとわかりますよ。

16185_02

※安全に配慮した上で実験しています。

なんと、オイルでマッチの火が消えてしまうんです。揮発性が低いため、そのままでは火をつけることが出来ないという、とても安心な特性を持っています。

注意!専用オイルを使用してください
このりんごのオイルランプには、必ず「レインボーオイル」を使用してください。他のオイルやアルコール、ガソリンなどを使用すると、極端に火が大きくなったり、安全面で問題が起こることがあります。

16185_06

さて、赤りんごと青りんご、どちらを選びましょうか…。火をつけていない日中でも、お部屋の素敵なアクセントになる品物。おうちのインテリアと、どちらの色が似合うか、にらめっこが必要になりそうです。

提供
ムラエ商事株式会社

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop