grape [グレイプ] society

自作の時計を持ち込んだ少年が逮捕! オバマ大統領の対応が粋

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Twitter

アメリカのテキサス州で起きた一つの事件。それはアーメド・モハメドという14歳の少年が、学校に持ち込んだ自作時計が原因でした。

爆弾のようだった

ロボットクラブに所属しているモハメドさんは、回路基板やディスプレイなどをつなげた時計を自作。学校の先生に見てもらおうと学校へ持っていきました。

技術の先生は、その時計の出来を評価しましたが、「他の先生には見せないように」と注意します。

しかし、英語の授業中にアラームが鳴ってしまい、時計を見られてしまいます。時計を見た先生は「爆弾のように見えた」とコメント。それほど、モハメドさんの作った時計はよくできたものでした。

教師から報告を受け、校長室へと連れていかれたモハメドさん。「爆弾ではなく、時計を作った」と弁明するも信じてもらえず、退学にするとまで言われてしまいます。

さらに警察に手錠をかけられ、拘置所に連行。指紋などを取られ、両親のもとへ送られるも、3日間停学となってしまいます。

しかし、この事件についてはネット上で様々な擁護の声があがり、多くの人の目に留まることに。

そして、オバマ大統領など、そうそうたるメンバーが擁護し始めます。

出典
@anildash@KenKalthoffNBC5@POTUS@IStandWithAhmedIrving MacArthur student arrested after bringing homemade clock to schoolMark Zuckerberg

Share Tweet LINE コメント

page
top