grape [グレイプ] lifestyle

15種類の味がそろった『梅干し屋のまかない瓶』食べきりサイズがいい!

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

3.石川一号

天保元年(1803年)から続く老舗『吉田屋』が作る甘みが少なく、梅本来の味が楽しめる梅干しです。

石川県発祥の梅を使用しているため、『石川一号』という名前がつきました。

4.三年梅

こちらも『石川一号』と同じく、老舗『吉田屋』の梅干しです。

3年間熟成させることにより酸味・甘み・旨味が絶妙のバランスで、ご飯との相性がよく、お茶づけにしてもおいしくいただけます。

5.なちゅら

南高梅と愛知県産の赤しそを使用し、ナチュラルな味に仕上げました。

素朴な味わいで、強い酸味が苦手な人におすすめです。

6.辛子梅太子

南高梅を唐辛子と一緒に漬け込むことで、辛さだけはなく旨味が生まれ深いコクが楽しめます。

何杯もおかわりしたくなってしまうほど、ご飯との相性が抜群です!ちなみに明太子などの魚卵は使用していません。

7.鶯(うぐいす)

いい塩梅(あんばい)とは、まさにこのこと!甘みと酸味のバランスが絶妙に仕上がっています。

食べ応えのある、ふっくらとしたジューシーな果肉が特徴です。

8.はちみつ梅

夫婦で農家を営んでいる三重県にある『松本農園』の梅干しです。

ほかで売られている『はちみつ梅』とはひと味違うのだとか。その違いをぜひ実際に食べて確かめてください。

9.燻製梅

大阪にある燻製店が『松本農園』の『はちみつ梅』を燻製にしました。

ハチミツの甘さと燻製独特の香りが口の中に広がり、お酒のおつまみにおすすめです。

Share Tweet LINE コメント

page
top