grape [グレイプ] entertainment

市川猿之助の『休業要請への苦言』に「よくぞ言ってくれた!」 理不尽な要請に怒り

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2021年4月25日に三度目となる緊急事態宣言が東京都、京都府、大阪府、兵庫県の4都府県で発令されました。

大型連休であるゴールデンウイーク終了後の5月11日までを対象としており、政府は飲食店や娯楽施設を中心に休業要請。

また、劇場や遊園地、競技場などで行われるイベントに対しては、事実上の休業要請といえる無観客での営業を要請しました。

市川猿之助、劇場への休業要請に苦言

歌舞伎役者の市川猿之助さんが、同月23日にInstagramのストーリーズ機能で投稿。

今回の緊急事態宣言について、劇場で働く1人の役者として疑問を投げかけました。

日々、感染症や、亡くなった方の人数が発表されても、生活が行き詰って自ら命を経つ人の数は発表されない。

このままでは、わが国では、感染で亡くなる人の数を上回るのではないか。それがいちばん危惧されます。

ennosuke_ichikawa4 ーより引用(原文ママ)

どうしたら東京五輪が開催できるか、という視点から対策を講じるから、おかしなことになるわけで。

どうしたら日本という国がこの難局を乗り切れるか、という視点から対策を講じるべきではないのか?と、思うのですが、、、

ennosuke_ichikawa4 ーより引用

歌舞伎座は、座席制限が解除されても、収入度外視、安全安心第一で、座席数50%以下でやってきました。

オリンピックも大切です。しかし、オリンピックありきの対策には疑問しか感じません。

休業要請は、死の宣告と同じです。皆が救われる道はないものですか?

ennosuke_ichikawa4 ーより引用

猿之助さんのメッセージはネットで拡散され、多くの人から「気持ちを代弁してくれてありがとう」「悔しさや怒りが伝わってくる」といった声が上がっています。

東京都中央区にある歌舞伎座で『四月大歌舞伎』に出演していた猿之助さん。

緊急事態宣言の発令によって公演は中止となり、急きょ同月24日に千秋楽を迎えることになってしまいました。

猿之助さんは「これまでの役者人生の中で、一番めでたくない千秋楽となりました」とつづり、悔しい気持ちをあらわにしています。

政府は無観客の要請について「社会生活の維持に必要なものを除く」と線引きをしていますが、娯楽は多くの人の心を支えているといえるでしょう。

また、出演者や劇場のスタッフなど、多くの人が娯楽によって生計を立てています。

「文化を軽視しているのではないか」「なぜ五輪は許されて、演劇は許されないのか」といった疑問の声が相次いでいる、今回の休業要請。

長年守り続けてきた文化の灯が消えないよう、多くの人が強く願っています。


[文・構成/grape編集部]

出典
ennosuke_ichikawa4

Share Tweet LINE コメント

page
top