grape [グレイプ]

殺処分寸前だった犬。初めての「おもちゃ」選びに涙と喜びと幸せが溢れる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

ゴールデンレトリバーのルー(Roo)。彼女は、約1年間カリフォルニア州にあるシェルターで保護されていました。

しかし、そこは見た目だけのシェルターだったのです。

犬のケアは何一つ気にしない、まともに餌も与えない。犬たちはいつも空腹で…生きる意味を知らぬまま、ただ「死を待つだけ」の場所でした。

身も心もぼろぼろだったルー

「シェルター」に入ったとき、ルーはまだ1歳。狭い部屋に閉じ込められて、殺処分を待つしかありませんでした。

そんなある日、彼女に会いにブライアン・ベーカーさんが訪ねてきました。ルーの新しいパパになるためです。

16565_03

出典:YouTube

ベーカーさんによると、ルーに初めて会ったとき、その体はすでにぼろぼろだったそうです。

ルーはひどく痩せていました。体はノミだらけで、歯も真っ黒だった。ルーは、生きることを諦めようとしていた気がします。しかし、彼女はとても強く、勇敢な犬だったのです。

幸い、ルーは諦めることなく徐々に回復していきます。ベーカーさんの存在が、ルーの心の支えになっていたのかもしれません。

ベーカーさんも、ゆっくりと時間をかけてルーをケアしていきます。

ある時、ベーカーさんは元気を取り戻していく彼女を連れて、おもちゃ屋さんに行きました。

1歳のころから、ひどい施設に閉じ込められていたルー。きっと、おもちゃというものに触れたのは初めてだったはずです。

たくさんのおもちゃに、興味津々です。

初めておもちゃを選ぶ彼女の姿には、言葉が見つかりません。時々ベーカーさんの顔を見上げながら、「本当に好きなの選んでいいの?」と一生懸命に選びます。

16565_00

出典:YouTube

奇跡とも思える巡り合わせで、心優しいベーカーさんの家族となったルー。

ベーカーさんの愛をたくさん受けて、これまでの苦しさをすべて忘れ…幸せになってもらいたいですね。

16565_02

出典:YouTube

出典
Roo picks out a toy for the first timeRoo the rescue starts to feel better

Share Tweet LINE コメント

page
top