grape [グレイプ]

イチロー選手が初めて投手として登板! 投げてもやっぱりすごかった!!

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2015年10月4日、フィラデルフィアで行われた大リーグ「マリーンズ 対 フィリーズ」戦で、イチロー選手(41)が投手として初めて公式戦のマウンドに立ちました!

野手として多くの記録を保持しているイチロー選手ですが、以前から監督に投手起用の可能性を伝えられてたそうです。

今季最終戦だったこと、そして4回を追いかける場面だったこともあり、イチロー選手自ら志願して登板しました。

イチローの登板に、ネット上ではどよめきも…。

2-6で迎えた8回、4点を追うマリーンズのマウンドに立ったイチロー選手。

イチロー選手は打者5人に対し18球を投じ、1回2安打1失点、ストライクは11球、最速89マイル(143キロ)を記録しました。

実は、イチロー選手は過去に、愛工大名電高校時代、3年の春に投手として甲子園に出場した経験があります。オリックス時代には、1996年のオールスター第2戦で投手として登板したことも。

試合後には、このように笑顔で語っています。

「メジャーのマウンドに立つという夢が叶いました。でも、2度とピッチャーはやりません。そして、2度とピッチャーの文句も言いません。」

プロ24年目にして、念願のメジャー初登板。いつまでも私たちに驚きと希望を与えてくれるイチロー選手。これからも海を越えて、イチロー選手らしい野球を続けてください!応援しています!

出典
MIA@PHI: Ichiro retires Altherr to end the 8th@saissan831@fei_s

Share Tweet LINE