grape [グレイプ]

金魚にすくわれた男性。世界から絶賛されるそのわけとは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

お祭りで人気の金魚すくい。思わず夢中になってやってしまい、金魚を持って家路につく姿はお祭りの風物詩ともいえます。

今回ご紹介するのは、金魚にすくわれた男性のお話です。金魚はすくうもので、すくわれるものではないと思うのですが…。それにはちゃんと理由があります。

美術作家・深堀隆介さん。彼は15年前に自分の才能に限界を感じ、デザイナーの夢を諦めようとしていました。

16616_05

出典:YouTube

そんなある日、ベッドに深堀さんが寝転がっていると、横にあった小さな水槽に目がとまります。そこにはお祭りですくってきた金魚の姿が。 長年飼っていて気にも留めなかった金魚が、その時突然美しく見えたのだそうです。

16616_07

水槽のふたを開け、彼女を上から見てみた。そのとき、僕の背筋がゾクゾクっとした。 汚れた水の中で、赤く光る彼女の背中は、怪しく、そして最高に美しかった。 「この子がきっと僕を救ってくれる。」

 金色ノ鮒 ーより引用

深堀さんはそれ以来、金魚アート専門の美術作家として15年間活動してきました。

その中で、絵の具で描いた金魚の上にアクリルを流し込む3Dアートの手法を考え出し、いまや金魚アートの第一人者になりました。まさに「金魚にすくわれた美術作家」。彼はこの日の運命的な出来事を「金魚救い」と呼んで大切にしています。

深堀さんはTV出演されていたりするので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな深堀さんの素晴らしい作品はこちら。

まるで本物と思ってしまうような美しい金魚たち。実はこれ「絵」なんです。立体的かつ躍動感に溢れています。今にも動き出しそう!

深堀さんが見事に金魚を生み出す姿、ご覧ください。

アクリルを流すと、まるで絵の金魚に命が吹き込まれるような、不思議な光景が広がります。

16616_02

出典:YouTube

今では深堀さんは世界的な金魚専門の美術作家として活躍しており、その作品は魔法で生み出されたようだと絶賛されています。金魚に救われた美術作家・深掘隆介さんの物語でした。

出典
"Goldfish Salvation" Riusuke Fukahori 深堀隆介美術作家 深堀隆介オフィシャルサイト

Share Tweet LINE コメント

page
top