grape [グレイプ]

680gの未熟児だった息子 諦めず、愛情を注いだ親の思いが結んだもの

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

写真作家の夫、ベンジャミン・スコット・ミラーさんと、妻のリンジーさん。夫婦は2012年7月、第一子の息子に恵まれました。

名前は、ワード・マイルズ・ミラー。体重680gという、1kgにも満たさない未熟児でした。

16660_14

出典:YouTube

ワードちゃんは予定より、3.5カ月も早く生まれてしまったのです。一目で分かるほど、健康はとてもよくない状態。医者は、夫婦にこう話します。

「赤ちゃんが生き残れる確率は5割だ。長く生きても、障害が残る可能性がある。」

16660_13

出典:YouTube

その宣告に、夫婦はただ…息子の無事を強く祈るしかありませんでした。そして、父のベンジャミンさんは妻の誕生日に向けて、息子の姿を撮り始めます。約1年間、撮り続けたというその映像が、こちらです。

107日の間、集中治療室で過ごし、チューブも外せなかったワードちゃん。弱くて小さかった赤ちゃんは、ずっと見守り続けた親の思いに答えてくれました。

世界中に広がったこの出来事は、たくさんの人を感動させ、同じ逆境と戦う人々に勇気を与えました。以前、grapeでもご紹介した際には、未熟児で生まれた子供の親たちから共感のコメントが寄せられました。

そして2015年7月25日、ベンジャミンさんはいくつかの写真をネット上に公開しました。それが、未熟児だったワード君です。

16660_01

出典:Benjamin scot

16660_03

出典:Benjamin scot

鼻にチューブをつけ、息をするだけで精一杯だった680gの赤ちゃんは、もうどこにもいません。

親から、あふれるほどの愛を受けて、こんなにも元気な男の子に育ってくれました。

16660_06

出典:Benjamin scot

16660_09

出典:Benjamin scot

16660_07

出典:Benjamin scot

ワード君の丈夫になった姿を、楽しそうに笑っている顔を見るみていると、胸にこみ上げるものがあります。これからもきっと、すくすくと育っていくことでしょう。

辛い日々を頑張って乗り越えて来た、ミラー家族。この先の道には、楽しいこと、嬉しいことがたくさん待っているはずです。そして、また何か困難が立ちふさがった時にも、乗り越えていってくれるのでしょう。彼らの表情から、たくさんのパワーを感じます。

16660_11

出典:Benjamin scot

出典
Benjamin scotWard Miles - First Year - OFFICIAL

Share Tweet LINE コメント

page
top