grape [グレイプ] entertainment

市川猿之助の学歴にびっくり 「偏差値いくつだっけ?」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

歌舞伎役者や俳優として活躍している四代目・市川猿之助(いちかわ・えんのすけ)さん。

最近はテレビドラマに出演することも多く、2020年に放送されたテレビドラマ『半沢直樹』(TBS系)では、視聴者に強烈なインパクトを与えました。

そんな市川猿之助さんの学歴や経歴、最近の活躍ぶりなど、さまざまな情報をご紹介します!

市川猿之助の学歴が気になる!

市川猿之助さんは歌舞伎役者の家庭に生まれ、1980年7月に行われた歌舞伎座『義経千本桜』の安徳帝役で初舞台を踏みました。

歌舞伎の稽古をする中、学業にも専念。小中高と名門の男子校『暁星学園(ぎょうせいがくえん)』に通っています。

同校は東京大学や難関私立大学への合格者を多数輩出していることで有名。ちなみに従兄弟に当たる俳優の香川照之さんもこの学園を卒業しています。

市川猿之助さんは高校卒業後、慶応義塾大学文学部に進学しました。

2021年4月放送のトークドキュメンタリー番組『アナザースカイ』(日本テレビ系)では大学時代のエピソードを語ったことも。

日吉キャンパスに通い、夜遅くまで校内で勉強に励んだこともあると明かしました。

また、同年1月に出演したトークバラエティ番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)でも大学時代のトークを展開。

大学に進学したことは、自身の人生を豊かにしてくれたと語っています。

市川猿之助が高学歴ニートに熱いエールを送る!

市川猿之助さんが、2020年9月27日に放送されたバラエティ番組『林先生の初耳学』(TBS系)に出演。

難関大学を卒業しているにもかかわらず、就職しようとしない『高学歴ニート』と呼ばれる人や、現在社会に悩みを抱える若者らに向けて熱血授業を行いました。

まず、新型コロナウイルス感染症の影響で、就職したかった企業の採用試験を受けられなくなったことに悩む学生には、「アルバイトでもいいからやりたいことをするべきだ」とアドバイス。「社会や周りの人の目は気にしなくていい」と熱いエールを贈っていました。

さらに、自身の20代の頃のエピソードを披露。歌舞伎の先代の元を離れたという思い出語り、再度「人にどう思われようと、自分の信じることをやるべきだ」と説いています。

始めに「自分は大きな挫折や迷いを経験したことがないから、参考にしすぎないように」と発言した市川猿之助さん。

そんな謙虚な姿勢に受講者は魅了され、数々の助言を胸に深く刻んだようです。

また、視聴者の心にも刺さったようで放送後、ネット上には「猿之助さんの言葉に救われました!」「何事にも恐れず、挑戦してみたいと思います」といったコメントが続々と寄せられました。

・市川猿之助さんの言葉は刺さるな〜。番組を見てよかった!

・迷っていることがあるけど、猿之助さんのおかげで挑戦してみようと思いました!

・今、迷いや不安を抱えている人すべてにみてほしい内容だった。

市川猿之助が出演した『半沢直樹』には高学歴俳優がズラリ!?

市川猿之助さんは2020年に放送され、高視聴率を記録した『半沢直樹』に出演しました。

同作は堺雅人(さかい・まさと)さん演じる主人公・半沢直樹が、証券会社や銀行を舞台に数々の不正を暴いていくという熱血社会派ドラマ。

市川猿之助さんは、半沢直樹を陥れようとする証券営業部の部長・伊佐山泰二役を演じました。

実はこの作品、出演する俳優陣の多くが難関校の出身!

市川猿之助さん、香川照之さんをはじめ、北大路欣也(きたおおじ・きんや)さんや賀来賢人(かく・けんと)さんも『暁星学園』出身であることが話題になりました。

現場では、母校の話題で盛り上がっていたとか。週刊誌『女性セブン』によると、『暁星派閥』というものが結成され、和気あいあいとした雰囲気の中、撮影が行われていたそうです。

そんな派閥の一員である市川猿之助さんは、香川照之さんの強い推薦で本作への出演を決めています。

2020年7月放送のトークバラエティ番組『A-Studio+』(TBS系)に出演した際には「香川照之さんによく相談に乗ってもらっていた」と撮影の裏話を告白。

その時、歌舞伎とは違う現代風のセリフの言い回しや、細かい演技指導を受けていたといいます。

また、香川照之さんは自分のスケジュールが空いている日も、市川猿之助さんのサポートをしに来てくれたとか。

市川猿之助さんは「本当に力強かった」と香川照之さんに感謝の言葉を送っていました。

市川猿之助の現在・これからは?

『半沢直樹』に出演後も、コンスタントに俳優業をこなしている市川猿之助さん。2021年1月放送のテレビドラマ『ミヤコが京都にやって来た!』(ABCテレビ)では主人公の幼なじみ役を演じました。

また、バラエティ番組に出演することも増え、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)や『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)、『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系)などでスタジオを盛り上げています。

そして、2022年に放送される大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)への出演が決定。同作では、僧・文覚(もんがく)役をミステリアスに演じます。

これからも市川猿之助さんの活躍に期待です!


[文・構成/grape編集部]

出典
ennosuke_ichikawa4@hatsumimigakuhanzawa_naoki_tbsabc_miyakyo@nhk_kamakura13女性セブン

Share Tweet LINE コメント

page
top