grape [グレイプ] entertainment

ムツゴロウさんは現在どうしてる? 「動物王国の人だよね」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

動物研究家として知られるムツゴロウさんこと畑正憲(はた・まさのり)さん。

作家や画家、レポーターとしても活躍しており、マルチな才能で注目を集めています。

そんなムツゴロウさんの現在や『動物王国』のこと、経歴など、さまざまな情報をご紹介します!

ムツゴロウの現在は?

2021年7月現在、86歳を迎えているムツゴロウさん。

最近はテレビ番組などで見かける機会が減り、世間からは健康を気遣う声が上がっています。

そんなムツゴロウさんは現在、定期的に講演会やトークショーなどを開催し、子供から大人まで多くの人を楽しませています。

また、絵を得意としていることから、ポストカードなどのオリジナルグッズを制作し、ネット上で販売。

さらに、東京の銀座などで絵画の個展を開くなど、趣味を超えた活躍が話題になっています。

そして、2020年6月にYouTubeチャンネル『ムツゴロウの656』を開設しました。

このチャンネルには、生命のすばらしさが伝わる動画がたくさん投稿されています。

第17回 ムツゴロウとナマケモノのトイレの話

第18回 ムツゴロウ流 動物とはとことん向き合う

第27回 ムツゴロウとミミズの不思議な世界

ちなみにこのタイトルに含まれている『656』という数字は、「これから656個のエピソードを配信していく」という目標からつけられたのだとか。

ムツゴロウの656。

タイトルはムツさん案です。656のお話たちが飛び出してくる予定です。

あるときはハワイの海でクジラと泳ぎ
あるときは中国の山奥でパンダまみれになり
スリランカの村で象使いになったり

乗った動物も 馬 ラクダ ダチョウ 象 ヒグマ シマウマ 数知れず。
地球を何周をするほど旅をして。

ムツゴロウの656 ーより引用

これからの投稿も非常に楽しみですね!

ムツゴロウの『動物王国』は現在、どうなった?

ムツゴロウさんは1972年に北海道浜中町に『ムツゴロウ動物王国』を創設します。

そして、2004年7月に東京に進出。『東京サマーランド』の敷地内に『東京ムツゴロウ動物王国』を開園しました。

この施設は、年齢問わず楽しめるテーマパークとして注目を集めましたが、2007年11月に閉園。理由は客足が伸びなかったためとのことでした。

現在、『ムツゴロウ動物王国』は北海道の地で経営が行われています。

また、1978年に北海道中標津町に建てられた『ムツ牧場』にはムツゴロウさんが愛する馬たちが飼育されており、乗馬を楽しむこともできるそうです。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

ムツゴロウさんの妻やスタッフたちが更新しているブログには、自然豊かな動物王国やムツ牧場で伸び伸びと暮らす動物たちの様子がつづられており、ファンの心を和ませています。

7月の半ばを過ぎ、今日はいっきに気温があがり
外にでると何もしなくても汗ばむ陽気でした。

ムツ牧場では牧草の刈り取りが進んでおり
天気も続いているので、よい草が
あがってきています。

伸びていた草を刈り取ってあげてしまうと
草地に入りやすくなるので
バーニーズのルナは嬉しそうで
何より広い運動場となります。

私も、ルナとともに散歩にでるのが
楽しみとなっています。

緑なす自然のなか、優しい花々が
道端を飾り、癒やしてくれます。

北の短い夏の日々をありがたく
感謝しています。

畑 純子

ムツゴロウ動物王国のブログ ーより引用

ムツゴロウの後継者は誰?

ムツゴロウさんは動物研究家のパンク町田さんを『第2のムツゴロウ』に任命しています。

パンク町田さんは、動物に関するスペシャリストとしてNPO法人『生物行動進化研究センター』や『アジア動物医療研究センター(日本ペット診療所)』を運営。

また、自身が代表を務める『アルティメット・アニマル・シティ(UAC)』では、動物のための医療や人類と動物が共存していく未来を創造する研究を行なっています。

テレビ番組に出演すると、動物に関する知識を分かりやすく発信。作家としても活躍しており、これまでに発売した書籍はベストセラーを記録しています。

さらに、タカを飼育し、狩りに役立つ訓練を行う『鷹匠(たかじょう)』としても有名で、過去に開催された大会では3年連続優勝を果たしています。

このほかにも犬の訓練士の資格を保有するなど、多くの動物のことを熟知したエキスパートとして活躍中です。

これからもムツゴロウさんとともに、動物と人間が気持ちよく共存できる社会を築いていってほしいですね。

ムツゴロウのこれからは?

ムツゴロウさんは、2021年3月に猫をテーマにしたギャラリー展『路地裏の猫展』に絵を出展しました。

同年2月にはドックフードを手がける株式会社『Peppets』とコラボレーションし、小型犬の成犬用ペットフードとおやつを考案しました。

年齢を重ねてもなお、精力的に活動を続けているムツゴロウさん。これからも愛する動物たちの魅力をたくさん発信してほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
mutsugoro656第17回 ムツゴロウとナマケモノのトイレの話第18回 ムツゴロウ流 動物とはとことん向き合う第27回 ムツゴロウとミミズの不思議な世界ムツゴロウ動物王国のブログkorenanitfmpep_dogs

Share Tweet LINE コメント

page
top