grape [グレイプ]

氷点下の中、密航してきた子猫!エジプトからイギリスまで4800キロの長旅

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Lina's Cat Rescue

イギリスのバーミンガム空港で、あまりにも可愛らしい密航者が見つかりました。

密航者は、生後6週間程度のメスの子猫。エジプトのカイロ国際空港から、エミレーツ航空の貨物に紛れ、遠いイギリスの地までやってきたそうです。

子猫は、エジプトのカイロからの便に乗っていたため、名前を「カイロ」と命名されました。

16704_01

出典:Solihull

約4800キロの旅

カイロは果物などの箱と一緒に、氷点下にもなる環境の中、約4800キロもの長旅に耐えてきました。そのため、発見当初はとてもおびえていたそうです。

発見後は狂犬病を持っていないか検査、2週間ほど観察下に置かれ保護されていました。

16704_03

出典:Solihull

ただ、その後の選択肢は以下の3つだったようです。

1、他にも病気を持っていないか、さらに3か月半かけ検査
2、送り元に返送する
3、安楽死

とはいえ、どこから迷い込んだのかも分からないため、送り元に返すことはできません。残る方法は後、2つ…。

しかし、地元の自治体役員がカイロのために精力的に活動。安楽死に反対する猫の保護団体が、カイロを引き取ってくれることになりました。

しかも、カイロが乗ってきたエミレーツ航空は、カイロの検査などにかかる費用をサポートすると申し出てくれたそうです。

16704_02

出典:Solihull

カイロの検査は12月末頃に終わる予定。今は里親募集中(2015年10月現在)だそうです。

遠い地に迷い込んでしまった一匹の子猫。元々飼い主がいたのかはわかりませんが、温かい家庭に迎え入れられ、幸せな人生を過ごせるようにと願うばかりです。

出典
SolihullLina's Cat Rescue

Share Tweet LINE コメント

page
top