grape [グレイプ]

ラグビーW杯日本代表3勝目!しかし史上初の出来事により決勝には届かず

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2015年10月12日(日本時間)に行われた、ラグビーW杯 【日本 対 アメリカ】の1次リーグB組最終戦。

結果は【28 - 18】で日本が勝利!

この結果により日本はW杯で3勝するという、日本ラグビー史上初の快挙を成し遂げました。

16738_04

しかし、残念なことに1次リーグ戦B組の中で準々決勝に進めるチームは、日本の試合が始まる前に決まってしまっていました。

W杯では、各組5チームずつのリーグ戦を行い、勝ち点やボーナスポイントの多かった各リーグ上位2チームが準々決勝に進出する方式をとっています。

そのため、同じく3勝している南アフリカ(16点)とスコットランド(14点)が準々決勝進出。日本(12点)は3勝をあげるも、準々決勝に進出することができないという、ラグビーW杯史上初のチームとなってしまいました。

有終の美を飾る

準々決勝に進出できない中、最後まであきらめることなく試合に臨む姿は、多くの人に感動を与えていました。

W杯で日本初の3勝をあげ、優勝候補の南アフリカに勝つなど、数々の記録を作った日本代表。

ラグビーの国内認知度も今回飛躍的に高まり、それだけでも大きな功績を残しました。

16738_03

次の試合には今回よりも多くのファンが日本代表の試合を応援することでしょう。今後も胸の熱くなる素晴らしい試合を期待しています!

頑張れ、ラグビー日本代表!!

出典
@kawauchi0520@hironobutnk@moyoko_sasaki@710mn@Goro_15

Share Tweet LINE コメント

page
top