grape [グレイプ]

木のインテリア? いえ、実は… 料理自慢したくなるウッドプレート

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:コトモノミチatTOKYO

お客様をおもてなしするのにもぴったりな、楽しいキッチンアイテムをご紹介します。

オシャレに作って、楽しく食べるウッドプレート『face two face』

「切る」と「食べる」の二つのシーンで活躍するキッチンアイテム『face two face』(フェイストゥーフェイス)。まな板の表面にデザインが施されているので、食材を切るだけでなくデザイン面を使って盛り付けもできます。その名の通り二つの顔を持つウッドプレートです。

これを使えば普通のサラダも、あっと言う間にオシャレなツリーのモチーフに早変わり!なんだか、インテリアとしてこのまま壁に掛けてしまいたくなりそう。食べるのがもったいないほどのおもてなし料理になりますね。

素材にこだわった吉野ヒノキのまな板。

『face two face』は、無垢の一枚板で節 (ふし)がない、吉野ヒノキから生まれました。ヒノキは、抗菌・抗カビ作用があることから、日本ではまな板に適した素材として知られています。四面ともに節がない無垢板は、あまり流通していない貴重なもの。しかも樹齢100年以上のヒノキのみを採用しているとのことです。

全て職人さんの手作りによるこだわりの逸品。ヒノキのまな板は刃当たりも良く、プラスチックのまな板とは切り心地も違うはず。お料理を作るのが楽しくなりそうですね。

16678_04

出典:Amazon

パーティーや記念日に、食卓にちょっと変わった彩りを。

大勢が集まるパーティーでは、大きなウッドプレートでしっかり調理!表面にはお皿のデザインまで…。遊び心満載で嬉しくなります。

16678_05

出典:Amazon

センス良く盛り付けて、見た目も楽しいオードブルに。食卓が盛り上がること間違いなしです。SNSへ投稿しても注目を浴びそうですね♪

16678_06

出典:Amazon

いつもと少し趣向を変えたい時にも重宝するウッドプレート『face two face』。「切る」「食べる」の両シーンで活躍する、まさに一石二鳥のアイテムです。

16678_07

出典:Amazon

出典
コトモノミチatTOKYOAmazon

Share Tweet LINE コメント

page
top