grape [グレイプ]

エッセイ

エッセイの記事一覧ページです。

夕焼けエッセー泣ける話産経新聞ベビーカー北海道子育て朝の詩方言

「何それ、おいしい?」 父が飲む白い粉をねだる娘 あの苦い味と匂いは父の記憶

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 苦い とても冷え込んだ夜、父は早々と横になっていた…

62年前に作られた同人誌 ボロボロの表紙をめくると、今と変わらぬ若者の想いが

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 同人雑誌の思い出 私は最近、私たちが62年前に発刊…

「聞こえるママのほうがよかった?」反抗期の息子、すると彼は当たり前のように答えた

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 息子の背中 中3の息子の背丈はとうに私を超えてしま…

「おかーは俺を殴らなかったの?」DVを受けた母へ質問 その答えに息子は涙が止まらなくなった【grape Award 2017】

By - grape編集部

母がくれたプレゼントは、僕にとって”心の救急箱”となった 「しょうご(僕の名前)は中学生の頃、『おれの視界から消えろ』、『おめーなんて死んでしまえ』、『なんでおめーが親なんじゃ』って言ってたんだよー。」と笑いながら、母は…

高校生の夏、祖母が私にと持ってきた指輪 それを見た時、幼い日の記憶が蘇る【grape Award 2017】

By - grape編集部

おばあちゃんの指輪 あれは、私が幼稚園児だった頃だろうか。もう何年前なのかも思い出せないくらい昔の、夏休みの出来事だった。私は、両親のお盆休みに合わせて母の実家に遊びに来ていた。そして、皆が寝静まった頃、喉が渇いて目を覚…

孫娘から届いた手紙に入っていた4枚の10円玉 それを見た時、思わず涙が流れた

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 孫娘からの手紙 台風21号が吹き荒れた瞬間、「家が…

『最近眠れない』と嘆く夫 でも口元が少しニヤついている理由を私は知っている

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 不眠症の夫 私は小さいときから犬や猫と一緒に暮らし…

父を亡くした姪を「何があっても守る」と決意した日 あれから数十年、叔母は再度決意した

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 夕子をよろしく 姪の夕子が秋に結婚する。三十路に入…

売り物の家でツバメが子育て 壊したくないと不動産業者に相談すると「よっしゃ、まかしとき!」

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 つばめ 大阪狭山市(大阪府)で家の改装中、シャッタ…

中学生の喫煙を見かけた年配の男性 一度は通り過ぎるも、振り返り声をかけると…

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 大人の責任 陽が傾き始めた頃、スーパーへ妻と買い物…

「どっちでもいい」と言われた日もあるけれど 双子の妹と離れる日を前に思う

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 双子 人は初対面の人と話をするとき、どのような話題…

「風呂屋がもらい風呂にやってきた」家庭用の小さな風呂桶 初めての追い焚きに祖父は

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 風呂屋のもらい風呂 9月5日の午後6時頃、風呂屋が…

一時退院中に姉が書いた書き初め わたしは、わたしの姉の人生を、誇りに思う【grape Award 2017】

By - grape編集部

人生のタスク 6月18日は姉の命日にあたる。 姉は幼い頃より家族を思う心が強い反面、自分の利益は据え置くようなところがあり、それを象徴するようなできごとは、例えば七夕の短冊。 新しいゲームが欲しいやら、お金持ちになりたい…

急逝した恩師に代わり頼まれた仕事 新しい先生を拒む女の子に伝えた「実は僕も…」【grape Award 2017】

By - grape編集部

S先生の教室 昔からイベントや歩行者天国で大道芸を見るのが好きだった私は、大学一年の夏にカルチャースクールでジャグリングを習い始め、S先生と出会った。 その世界では有名なパフォーマーで、数々のイベントで活躍するだけでなく…

page
top