grape [グレイプ]

エッセイ

エッセイの記事一覧ページです。

子育て子育てビフォーアフター朝晴れエッセー産経新聞夕焼けエッセーセクハラgrape Awardgrape Award 2018grape Award 2017grape Award エッセイ

「あなたたちのようになりたい」義両親への挨拶、初めて出会った義父は機械の声をしていた

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 身近な先輩 面と向かって「好きです」とか「愛してい…

「あかん、動けんがな」押さえ込まれた父 勝ち誇る息子に対し、心に誓ったのは

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 あかん、動けんがな。 あかん、動けんがな…。 どう…

言えなかった「ごめんね」 母の荷物から出てきた幼児の服を見た時、思い出したのは

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 香り 七十五才になった私は終活に取りかかろうと二階…

「よく我慢したわ」結婚20周年、悪態をつく妻の元に届いたのは硬派な夫からの初めての手紙

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 恋文 4年前のことだった。「お届けものです」。イン…

「チャレンジするとは、見たことのない世界の扉を開けること」忙しい毎日の中に小さな驚きを

By - 吉元 由美

吉元由美の『ひと・もの・こと』 作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。 たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ…

お爺さんが気まずそうに入った女性下着店 その理由を知った時、心が暖かくなる

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 愉しめない買い物 私には、1年に2、3度ではあるが…

おねしょに悩む6年生の息子 修学旅行前、先生に相談すると「なぁんや、お母さん…」

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 校長先生 新学期が始まって間もないある朝、ゴミ出し…

「しっかり役目を果たしたよ」 私の反対を無視し、夫が連れてきた娘は

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 夫の遺産 十七年前の夏の暑い日、やんちゃ娘はやって…

「天国のママに声が届くよ」友人の娘に贈ったおもちゃの電話 20年後、その電話は…

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 感謝を伝えるおもちゃの電話 友人の娘が仕事の転勤で…

生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこした息子 肩をふるわせつぶやいた「ママ、僕ね…」

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 あたらしい朝 午前2時45分、軽い腹痛で目が覚めた…

page
top