grape [グレイプ]

エッセイ

エッセイの記事一覧ページです。

夕焼けエッセー泣ける話産経新聞ベビーカー北海道子育て朝の詩方言

家族のことを忘れてしまった母 でもしっかり者で、おしゃべりな母を私は忘れない

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 母のうた 私の母は5人姉弟の長女です。 いつも、し…

「息子よ、それはハードルが高くないか」お弁当を見た中学生の言葉に母は…

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 子育てとはお弁当作りである  長男が中学生になり、…

電車内、向かいの席にいるはずのない弟が!驚いてLINEを送ってみると…

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 ドッペルゲンガー  ふと目覚めると、そこに弟がいた…

古くなった橋の調査 そこには定規と鉛筆で設計した先人たちの想いと情熱が残されていた

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 橋守隊 定年退職後に、橋守隊(はしもりたい)という…

バスを降りた後、運転手へ一礼した母 思わず笑った私だが、その後あることに気づく

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 母の一礼 85歳になる母は、少々ピントがずれたとこ…

44年間気にもとめなかった夫の腕時計を、愛おしく思うようになった理由

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 夫の腕時計 84歳の夫は今年2月13日、天国に召さ…

5年前、息子の病院で私を叱った小児科の先生 閉院の日、その優しさに涙

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 小児科の先生 とうとうその日が来た。大阪に引っ越し…

継母が旅立った後に見つけた文箱 その中を見た時、私の思いが伝わっていたことを知った

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 宛名は父に 小箱の中にえんぴつ書きの手紙を見つけた…

「これ、どうぞ」孫とヨモギ摘みをしていた女性が、私に袋ごと渡した可愛い理由

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 春の香り 年配の女性と5歳ぐらいの男の子が土手に座…

お婆ちゃんが毎晩布団の中でするひとり反省会 その内容に「素敵なお婆ちゃん!」

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 娘夫婦とともに暮らして10年 主人が亡くなったのを…

「1度くらいは父と飲んであげれば」後悔の日々の中、生まれた我が子と20年後に約束を

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 今回は29歳の男性が、歌手の河島英五さんの曲『野風…

幼い孫がかみ、赤い跡のついた手の甲 おばあちゃんがその跡を悲しい気持ちで触る理由

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 てんてん怪獣 てんてん怪獣の武器は2本の前歯。怒っ…

page
top