grape [グレイプ]

エッセイ

エッセイの記事一覧ページです。

夕焼けエッセー泣ける話産経新聞ベビーカー北海道子育て朝の詩方言

義母が家族のために準備した白装束 その思いを知った時、私の背筋が寒くなった理由

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 親ごころ 89歳の義母は施設でお世話になって半年が…

「しまった!」彼氏に秘密がバレた彼女 恋が終わったと思い、彼氏の家に行くと…

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 楽天的な肥料 私は片付けが苦手な母の元に生まれ、ど…

「満員電車、平日の朝の私はちょっとした人気者」そう語る男性にホッコリ

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 通勤電車の人気者 午前7時過ぎ。 平日の朝の私はち…

冬になると靴下を編んでくれた母 通夜の日、弔問客に渡すと「お母ちゃんの靴下は…」

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 毛糸の靴下 冬になると母が編んでくれた毛糸の靴下を…

「今日いてる?」いつも突然やってくる弟 もう来ないことはわかっているけれど

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 弟との別れ 「ピン、ポ〜ン」インターフォンが鳴った…

「病人に餃子はないわよね!?」友人に聞いた話を夫にすると、意外な反応が返ってきた

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 ある日、友人と話していた50代の女性。 すると友人…

息子が「見て見て」と持ってきたプリント それを見た僕が本当に嬉しかった理由

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 誠の字の右側 「見て見てこの漢字。この字の横に横棒…

亡くなった母が大切にしていた荷物 そこには見覚えのある幼児の服が入っていた

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 香り 七十五才になった私は終活に取りかかろうと二階…

知らない番号からの電話 うさん臭いと放置していると留守電にメッセージが

By - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 巡り合わせの携帯電話 昨年秋、紅葉が色づき始める頃…

page
top