「相手のヒザが顔に『ドンっ』と…」 ラグビーの試合中受けた壮絶なケガに「聞いただけで痛そう」

スポーツ・武道 By - grape編集部 更新:

ラグビー元日本代表の斉藤祐也さんが、自身のYouTubeチャンネルで、現役時代にあったケガを振り返りました。

斉藤祐也が現役時代にしていた壮絶なケガ

ケガをしないために、斉藤さんは、「身体づくりや栄養摂取、転ばないよう身体をコントロールすることが大事」といいます。

斉藤さんは現役時代、頻繁に鼻を骨折していたそうです。

最初に鼻をケガした、当時の状況を振り返りました。

ボールを持って倒れこんで、ボールを(味方に)出す時に、相手のヒザが『ドン!』とぶつかった時に鼻が『く』の字に曲がってしまう。

格闘技でもよくありますけど、ラグビー選手もよく鼻をぶつけて骨折する選手がいます。

ラグビー元日本代表 斉藤祐也のラグビーチャンネル ーより引用

通常は真っ直ぐな骨であるはずの鼻が、ぐにゃりと曲がる…考えただけで痛そうですよね。

斉藤さんは続けて、パスをして無防備だった状態で、相手選手にタックルを受けた時も振り返りました。

立ち上がるんですけど、鼻を触ってみると、鼻がない状態、ぺっちゃんこだったんですね。

ハーフタイム(試合前半と後半の間の休憩時間)だったと思うんですけど、監督に「鼻がない」と話をしたら、「全然大丈夫だ!」ということで。

その試合は、最後まで出ることになりました。

ラグビー元日本代表 斉藤祐也のラグビーチャンネル ーより引用

この時、鼻は陥没骨折していたとのこと。

シーズン中の試合でしたが、全試合が終わった後、斉藤さんは鼻の手術を受けました。へこんだ鼻を持ち上げ、針金で支えて完治を待つ、というものです。

その状態で、骨折前から決まっていた海外留学に行った斉藤さん。

手術から2か月が経過し、「現地にいたトレーナーに針金を抜いてもらった」と振り返りました。

斉藤さんは、鼻が曲がったり、へこんだりするなど、想像を絶する痛みと闘いながら、試合に臨んでいたようです。

当時のエピソードを知り、多くの人が反応しました。

・鼻のケガのお話は終始かなり痛そうで…。鼻がない感覚が考えられませんね。

・お話を聞くだけで、身体中の穴という穴が全て縮こまってしまいました…。

・どれほどの痛みなのか…。栄養を取ったり、身体のバランスを整えたりすることが大事なんでしょうね。

ラグビー選手のプレーは激しく、観客を魅了させますが、その裏ではケガとの戦いもあったのです。

そう考えると、ラグビーへの見方もいささか変わってくることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

チャンネル情報

ラグビー元日本代表 斉藤祐也のラグビーチャンネル

  • チャンネル登録者数:3650人
  • 再生回数: 36万9379回

ラグビー元日本代表、斉藤祐也(齊藤祐也/さいとうゆうや)がラグビーの面白さを伝えるべくYouTuberになりました。

日本代表がベスト8になった2019年。日本全体がラグビーで盛り上がりました。
これをきっかけに少しでも興味を持ってもらった方にラグビーのことをもっと知ってもらいたい。
ラグビーを日本のメジャースポーツにしたいと本気で考えています。
初めての人でも楽しめるラグビー解説や、ここでしか聞けないエピソードをお伝えしていきます。
応援よろしくおねがいします!

■Twitter
https://twitter.com/yuyasaito428

■プロフィール
高校1年からラグビーを始め、東京高校ではナンバーエイトとして花園初出場の立役者に。
ラグビーの名門、明治大学に入学後は1年次からレギュラー獲得。全国大学ラグビー選手権に出場し優勝。
サントリーに入社後もタイトル獲得に貢献。2001年サントリー単独チームでウェールズ代表を破る大金星を挙げる。
2002年フランス1部リーグ・USコロミエに海外移籍。日本人フォワード初のプロ契約選手に。
2011年現役引退後は株式会社コーディネーション・アカデミー代表取締役に就任。
子どもにスポーツを教えながら全国各地でラグビー指導とラグビー解説を通じてラグビー普及活動を行っている。

関連ワード
ラグビー

この記事をシェアする