2021年7~9月に最も再生されたYouTubeチャンネルは? 順位をチェック!

ニュース By - grape編集部 更新:

2021年7~9月における、YouTubeが対象の『インフルエンサーパワーランキング』が発表されました。

ランキングを作成したのは、YouTuberやTikTokerをはじめとした、クリエイター支援事業などを展開する、株式会社BitStarです。

自社で開発した分析ツールのデータをもとに、動画単体の再生回数や、新規開設チャンネルの登録者数など、7つのランキングを公開。

その中から『チャンネル総再生数ランキング』を紹介します。

1位は上半期に引き続き、あの人気チャンネル!

調査対象は、チャンネル登録者数が千人以上の日本国内のチャンネルです。

まずは、ランキング結果をご覧ください。

1位  Junya.じゅんや 3億6682万回

2位  まいぜんシスターズ 2億9329万回

3位  HikakinTV 2億2033万回

4位  東海オンエア 2億1775万回

5位  コムドット 2億961万回

6位  ハクマイン 2億669万回

7位  ウォーターチャレンジ 2億86万回

8位  ばんばんざい 1億8213万回

9位  Fischer's-フィッシャーズ- 1億7566万回

10位 ヒカル(Hikaru) 1億6046万回

上半期に引き続き『Junya.じゅんや』が1位に。同年10月12日には、登録者数が1千万人を超えたことで話題になりました。1分未満のショート動画を中心に、再生回数を伸ばしています。

じゅんやさんは、風船が破裂するまで輪ゴムを巻き付けて驚いたり、棒アイス2本を一気に食べて冷たがったりするなど、身体を張った動画を投稿。冒頭から結末が分かる動画が多いですが、オーバーなリアクションが人気を集めているようです。

言葉をほとんど発さないため、言語の壁がなく、海外のファンが多いという特徴があります。

2位には『まいぜんシスターズ』がランクイン。投稿の多くが、100万回以上再生されている人気ぶりです。

投稿内容は、オンラインゲーム『マインクラフト』のプレイ動画。ライブ配信の収益を寄付するなど、チャリティー活動にも積極的です。

3位は『HikakinTV』。同月8日にアップされた、チャンネル登録者1千万人突破記念の動画は、再生回数700万回以上となっています。

2006年に活動を開始したHIKAKINさんは、YouTube業界を牽引する存在。ビートボックスでアーティストとのコラボを果たしており、さまざまな商品紹介やゲーム実況などの動画を公開しています。

6位の『ハクマイン』、7位の『ウォーターチャレンジ』、8位の『ばんばんざい』は、初のトップ10入りとなりました。

お気に入りのチャンネルはランクインしていたでしょうか。

年間総括ランキングの発表も楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

関連ワード
ランキング

この記事をシェアする