重度難聴の女性が病院に行ったら… 予想外の対応で驚きが隠せない!

育児・子育て By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『デフサポちゃんねる』で動画を投稿している、ユカコさん。

ユカコさんは、生まれつき耳が聞こえず、補聴器をつけてもなかなか音が聞き取れない聴覚障がいを抱えています。

チャンネルでは、難聴者の実態を多くの人に知ってもらおうとさまざまな動画を投稿。

知っていそうで知らないことや、当事者に聴きにくいことも赤裸々に語っています。

日常の音はどう聞こえている?

難聴のユカコさんは、読唇術で話している内容を読み取ることが多いのだとか。

ユカコさんにとって、日常はどのように聞こえているのでしょうか。

補聴器を付けても何となくしか聞こえないユカコさんは、見当をつけて音がした先を見ているといいます。

音が聞こえないことで、ほかにも困ることがあるようです。

ユカコさんが病院に行った場合、どういったところに障がいを感じるのかを撮影。すると、想像以上に病院の対応が素晴らしく…。

「本当は聞こえなくて困る…っていうのを撮ろうとしたら普段からこんな感じらしい!びっくりしました」とコメントしていたユカコさん。

途中、会話が聞こえないことでスムーズにできないところもありましたが、一連の行動をすでに文字に起こしてあり、どんな患者でも対応できるようになっていました。

しかし、すべての病院でこのような準備がしてあるとは限らないでしょう。

『デフサポちゃんねる』を見て、サポートが足りていない点を見直し、より誰もが暮らしやすい世の中になってほしいですね。

また、ユカコさんは2人の子供を育てる母親でもあります。

難病を抱えた長女と、次女、さらにコロナ禍の中で2人を育てるのは簡単なことではありませんでした。

耳が聞こえなくても、母親としての在り方に変わりません。

仕事も子育ても懸命にこなし、両立するユカコさんにはたくさんの励ましの声が寄せられていました。

『デフサポちゃんねる』は毎週金曜に更新されています。

子供を育てる親として共感できることや、知らなかった『社会の障害』に気付くこともできるでしょう。気になった人はチェックしてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

デフサポちゃんねる

  • チャンネル登録者数:11万4000人
  • 再生回数: 7599万6712回

毎週金曜の18時と、余裕があれば火曜の18時もアップしますので是非是非ご覧ください♡
次の目標は目指せ10万人!皆さんと一緒に、頑張ります!✨

============
デフサポちゃんねるを運営している、難聴のユカコです。
私自身生まれつき耳が聞こえず、補聴器をつけてもなかなか音が聞き取れません。

そんな聴覚障害者って人生大変そう?辛そう?
いやいや!私、人生めーーーっちゃ楽しいよーっっ♡

重度の障害者ですが、一般採用で入った大企業で人事をやってました。
そして、難病の子供が生まれたことをきっかけに新しく自分で会社(デフサポ)を立ち上げました。

「聴覚障害」とか「きこえないこと」について当事者も含めて、なかなか皆、知らないよなあ〜と思っているので、
このチャンネルでぜひ多くの人に難聴者の実態について知ってもらえたらと思っています。


そしてデフサポは「難聴者の未来を華やかに!」をモットーに、全く耳の聞こえない当事者である代表ユカコと、専門家が共に聞こえない子どもたちのために活動している団体です。
【話を聞いてみたい!カウンセリングをしてみたい!と思った方はこちら】
https://nannchou.net/service_workshop

聞こえない子供はことばが獲得しにくく、コミュニケーションや勉強面で問題が起きやすくなります。その問題を解決するために専門家と幼少期からのことばのトレーニングをし、当事者が思春期や就活のサポートを実施します。
【難聴児のことばのホームトレーニング教育はこちら】
https://nannchou.net/teaching_material

また、元人事である代表が、就労継続支援と企業研修を実施しています。
【企業の関係者のお問い合わせはこちら】
https://nannchou.net/question

【公式HP】
https://nannchou.net/
【Twitter】
https://twitter.com/defsapo/
【Facebook】
https://www.facebook.com/deafsapo/
【Instgram】
https://www.instagram.com/defsapo_y/
【LINE@】
https://lin.ee/u86222g

この記事をシェアする