100円ショップのクレヨンって実際どうなの? プロが描いたらこうなった

イラスト・CG By - grape編集部 更新:

YouTubeチャンネル『Watercolor by Shibasaki』で、透明水彩のテクニックやコツを紹介している柴崎春通さん。

2022年で75歳になる柴崎さんは、自らを「おじいちゃん先生」と称し、YouTubeなどで活躍しています。

TikTokでは、窓に落書きをする動画を投稿し、話題となりました。

2021年12月現在、YouTubeのチャンネルの登録者数は、約90万人。柴崎さんは、「自分の絵を見てもらえる喜びが大きい」と明かしています。

プロの画家である柴崎さんは、水彩画で役立つ3つのテクニックを惜しみなく公開。

これから水彩画をやってみたいと思っている人、もっと上手くなりたいと思っている人にも嬉しいレクチャーですね。

長く続けるために、楽しく描いている柴崎さん。楽しそうに絵を解説する様子が印象的です。

410×318mmのF6と呼ばれるサイズは、1時間前後で描き上げるのだとか。

水彩は乾かないうちに描くため、スピードが要求されるそうです。

100円ショップで売られているクレヨンでも、スラスラと描き上げていく様子をご覧ください!

『弘法筆を選ばず』という言葉の通り、どんな素材でも見事に描き上げました!

柴崎さんは、「人生の大半は絵を描いている」といいます。

そのため、30年前に使っていたというクレパスも大事にとってありました。

クレヨンは取ってあっても、気持ちを常に新しくしておきたいため描いた画は捨ててしまっているという柴崎さん。

だからこそ、次々と美しい作品を仕上げられるのかもしれません。

柴崎さんは、動画で絵の採点やレビューなども投稿しています。美しい水彩画が仕上がる動画もチェックしてみてくださいね!


[文・構成/grape編集部]

チャンネル情報

Watercolor by Shibasaki

  • チャンネル登録者数:97万1000人
  • 再生回数: 4893万5911回

Hello everyone, my name is Shibasaki. Welcome to my watercolor channel!
With my videos I hope I will be able to teach you professional transparent watercolor painting in an easy-to-understand way. It has been over 40 years since I became an instructor. Fortunately when I was young, I had the opportunity to interact with American watercolor art

皆さんこんにちは!水彩画講師の柴崎です。水彩チャンネルへようこそ。
このチャンネルでは、透明水彩の画材の特性を生かして描くためのテクニックやコツをわかりやすく紹介します。これから初めてみようとお考えの方、自己流でなかなか上達しないとお悩みの方、この動画を観てあなたの作品作りにお役立てくださいね。
チャンネル登録もよろしくお願いします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
柴崎春通プロフィール
1947年千葉県生まれ。1970年和光大学芸術学科卒。荻太郎、中根寛に師事。2001年文化庁派遣在外研究員としてアメリカに留学し、The Art Students League of New York等で水彩の研究を行う。チャーリー・リードと親交を結ぶ。日本美術家連盟会員。元Salmagundi Art Club会員(米国)。元講談社フェーマススクールズ絵画科講師。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【お願い】英語・中国語・その他言語に翻訳いただける方大歓迎です。ご協力のほどよろしくお願いします。

この記事をシェアする