ものがあふれかえったゴミ屋敷の住人を救う! 作業風景が圧巻

ライフスタイル By - grape編集部 更新:

関西エリアを中心に、ゴミ屋敷の片付けや特殊清掃を専門に行っている『イーブイ』。

YouTubeチャンネル『イーブイ片付けチャンネル』で作業現場の様子を公開しています。

イーブイに片付けを依頼する人たちの理由はさまざま。

依頼者さんへのインタビューを通して、その背景をうかがうことができます。

親が来るのに、部屋が片付けられない!

こちらの動画の依頼者さんは、両親が急きょ、家にやって来ることになり…。

探し物や、取っておく物などを丁寧にヒアリングしたうえで作業を開始。

およそ2時間ほどでリビングルームと寝室の片付けが完了しました。

依頼した女性は、「片付けが苦手」と話しており、過去にも片付けをプロに依頼した経験があるようです。

これを受けたイーブイのスタッフさんは、ゴミを処分するだけではなく、できる限り荷物を減らすことを提案。

再び散らからないように、アドバイスをしました。

掃除と片付けは大好きだったのに…

次の動画の依頼者さんは「もともとは掃除や片付けが大好きだった」と打ち明けています。

なぜ、部屋が散らかってしまったのでしょうか。

仕事の都合で夜中に帰宅することも多かった依頼者さん。

作業時に音が出ることで近隣の迷惑になることを懸念し、掃除や片付けをすることが、おっくうになってしまったようです。

動画の終盤では「本当に救われました」と涙ながらに語りました。

同じような状況には、誰がなってもおかしくありません。

依頼者さんは「散らかった部屋を見られるのが恥ずかしい」「責められるのではないか」と、きっと葛藤があったことでしょう。

それでも一歩を踏み出した勇気に、視聴者からは称賛の声が寄せられていました。

数年ぶりに実家をのぞいたら、想像を超える状態で…

片付けの依頼は本人以外からの場合も。

こちらの動画では、依頼者さんが実家の片付けを頼んでいます。

母親に入ることを拒まれていた家の中を、依頼者さんが4~5年ぶりに見たところ、手が付けられない状態だったようです。

いずれの動画でも印象的なのは、依頼者さんの要望をまっすぐに受け止めるイーブイのスタッフさんの姿勢。

部屋をきれいにすることに加え、「依頼者さんが抱える悩みや問題を解決したい」という想いがうかがえます。

紹介した3つの動画の依頼者さんは、「もともと『イーブイ片付けチャンネル』を見ていた」とインタビューで答えています。

片付け作業の撮影を許可した依頼者さんが、同じ悩みを持つ人の背中を押しているといえそうですね。

『イーブイ片付けチャンネル』が、1人でも多くの人の心を軽くしてくれることを願います。


[文・構成/grape編集部]

チャンネル情報

イーブイ片付けチャンネル

  • チャンネル登録者数:9万4100人
  • 再生回数: 3398万5488回

毎週水曜日の朝9:00に配信しています。

関西を中心に、ゴミ屋敷や不用品回収や遺品整理をしています。
遺品整理も遺品をゴミとして扱うのではなく、リサイクルに努めています。

一概に不用品をゴミとしてまとめるのではなく、資源ゴミや
粗大ゴミも少しでも料金を抑えるために、海外貿易や国内のリサイクルに努めています。 

不用品回収処分業者をもっと身近に便利に安心して利用していただくために、
【お客様にとって良き相談相手でありパートナー】
であれるよう、従業員一同努めています。

家具などの粗大ゴミの片付け、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理を専門的に業務しています。
上記の取り組みで各種メディアにも多数ご紹介されております。

大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、兵庫県、近畿圏のすべての都道府県に対応しております。

イーブイ
http://eevee-osaka.com

イーブイの遺品整理相談窓口
https://ihinseiri-soudan.com

この記事をシェアする