狭すぎる寝台列車に、成人男性が乗ったら… 鉄道ファンが乗り心地を解説

鉄道 By - GLUGLU編集部 更新:

鉄道系クリエイターとして活躍している、がみさん。

日本全国の変わった乗り物や、珍しい駅を取り上げるなど、鉄道に関する内容を中心とした動画をYouTubeチャンネル『がみ』で公開しています。

好奇心がくすぐられる動画は、鉄道に詳しくなくても楽しめますよ。

例えば、こちらの動画では、かなり特徴のある交通機関を紹介しています。

なんと、愛知県には見た目は完全にバスでありながら、鉄道の側面も持ち合わせた乗り物があり…。

がみさんが乗車したのは、ガイドレールを備えた専用軌道と一般道路の直通運行をしている『ゆとりーとライン』。

車体はバスと全く同じなのに、高架橋を走る区間では案内装置の誘導により、ハンドル操作をしなくてもよいのは驚きですね。

動画内で、がみさんが話している通り、まさに『電車とバスを足して2で割った乗り物』といえそうです。

視聴者からは「こういうレポートは嬉しい」「こんなユニークな乗り物は初めて見ました」といった声が寄せられていました。

次の動画では、寝台列車の個室に乗車した模様を収めています。

寝台特別急行列車『サンライズ瀬戸・出雲』の中でもっとも狭い個室を選んだということで、窮屈な旅になるのかと思いきや…。

電車の「ガタン、ゴトン」という走行音と振動、そして、モーター音に聞き入る、がみさん。

狭さを検証するだけではなく、しっかりと乗車を楽しんでいることが分かりますね。

列車の構造を細かく説明しているので、動画内で明かされた個室が狭い理由も納得できます。

駅にフォーカスした動画も人気です。『この世の果てを感じる駅』を訪れる企画では…。

がみさんが降り立ったのは、大阪府八尾市にある大阪メトロ谷町線の『八尾南駅』です。

駅前に空地が広がる理由を、周辺を散策しながら解説しています。

鉄道に関する知識に感心させられるだけでなく、がみさんが訪れた地の歴史や環境を知ることができますね。

このように、YouTubeチャンネル『がみ』には、知識欲を刺激される動画が多数、投稿されています。

ぜひチェックしてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

がみ

  • チャンネル登録者数:16万2000人
  • 再生回数: 1億722万7485回

日本全国の鉄道動画を載せています。aikoが好きです。
よろしければチャンネル登録お願い致します。
Twitterもやっています。よろしければフォローお願いします。
https://twitter.com/JY09gami3

BitStar専属クリエイター
お仕事などのお問い合わせは下記までお願いします。
https://bitstar.tokyo/contact/?inquiry=promotion

プレゼントなどの送り先はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーー
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-22-3 
渋谷東口ビル10F 株式会社BitStar
がみ 宛
※下記の注意事項を必ずご確認の上発送お願いいたします。
https://bit.ly/36Ulerf
ーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をシェアする