自分を人間と信じ、犬であることを忘れて1年後のプードルがこちら

犬・猫 By - GLUGLU編集部 更新:

・貫禄がすごいのに超かわいい。

・完全にぬいぐるみだと思った!

・絶対、中に人間が入っているでしょ!

そんな声が相次ぎ、注目を集めているプードルがいます。

ロアくんは、少し大きめのプードル。

2022年1月現在まだ2歳ですが、体重は9㎏あります。

ロアくんは、「自分は人間だ」と思っているような行動をするのだとか。

例えば、お気に入りのソファに、お姉さんが寝ていても…。

お姉さんの顔の上で、我が物顔をしてソファでくつろぐロアくん。

こんなに悪気なく、堂々とした姿を見たら何もいえませんね!

この1年後に投稿された動画のタイトルは『犬をやめてしまった大きいトイプードル』。

ついに、犬であることを忘れてしまったロアくんの姿がこちらです。

「あー仕事疲れたな…。ずっと休日ならいいのに」

そんな声が聞こえてきそうなぐらい、人間味のある姿です!

さらに、2022年1月に投稿された動画は、1週間で約300万回再生を記録するほど大注目を浴びました。

自分を人間と信じ、犬であることを忘れて1年。

貫禄のある姿で、あのお気に入りのソファでくつろぎます。

「正月休み、もっと続かないかな…」

サラリーマンが窓から夕焼けを見ていそうな雰囲気が漂うロアくんの背中。

ソファにヒジをかけているようなところが、いいですよね!

動画には「笑いが止まらない」「黄昏れたおじさんみたい」などの声が寄せられていました。

ロアくんは窓を見ながら何を思っていたのでしょうか。

だんだんと、人間味が増していくロアくん。

数年後は、飼い主さんたちから悩み相談を受けていそうですね…!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

トイプードルのロアくん

  • チャンネル登録者数:5万2100人
  • 再生回数: 1115万3839回

関連ワード

この記事をシェアする