そうめんが、ぬるぬるせずにくっつかない! どうすればいいかというと…

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

香川県まんのう町に店を構える『田舎そば川原』。

川原恵美子さんが、地元の野菜生産者の想いを大切にした漬物を40年以上にわたって作っています。

川原さんは、7千平米の農地で採れた作物を中心に、加工品を開発。販売などをしながらYouTubeに動画を公開しています。

まずは、まんのう町で採れた野菜を使って漬物を作る動画をご覧ください!

川原さんは、大根の切り方から、丁寧に解説。

大根の甘みを活かすためにシンプルに作られた漬物は、見るだけでもおいしそうです。

1日漬けた大根と比べると、色味も変わっており、味も異なるでしょう。浅漬けと食べ比べをしてもいいかもしれませんね!

続いては、夏が近づくと食べる人も多い、そうめん。

こちらの動画は、2022年5月現在、約500万回再生されました。めんつゆの作り方も紹介していますよ。

長時間置いておくと、粘ったり固まったりしてしまう、そうめん。

しかし、川原さんが紹介したこの茹で方だと、そのようなことはないといいます。

料理を作品と考えている川原さんは「子供のようにそうめんを大事に扱ってほしい」とコメント。

実際に動画を見て、そうめんを茹でた人からは「本当にくっつかない!感動した」「ツルツルでびっくり」「いつもよりおいしくできた」といった声が寄せられていました。

最後に紹介する動画は、さっぱり感を楽しめる、はちみつレモンの作り方です。

レモンを数枚、瓶に入れるごとに、はちみつを注いでいきます。

腐らせないためにも、空気を遮断することが大切。フタをする前にレモンのヘタで砂糖を押し込むのがポイントです。

そのまま食べるのはもちろん、アルコールに添えるのもいいでしょう。

自家製のはちみつレモンを、おいしく味わってみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

【田舎そば川原】料理・漬物

  • チャンネル登録者数:43万5000人
  • 再生回数: 2976万2111回

香川県まんのう町「田舎そば川原」公式チャンネル。 地元の野菜生産者の思いを大切にした「漬物」を43年間作り続けています。川原恵美子:料理研究として地元TVに出演多数、生食マッシュルームの生みの親。現在はまんのう町で所有する70アールの農地で採れた作物を中心に、加工品を開発、販売中。

▼ご質問やお料理リクエストはコチラ♪
https://forms.gle/bjyAgXRjYcZJsn1T7

▼書籍出版 絶賛発売中!
『「田舎そば川原」恵美子さんの料理帖』
 KADOKAWA出版
 https://amzn.to/3jtSqNC

『ひとつひとつ、たいせつに。』
 SBクリエイティブ出版
 https://amzn.to/3HXfvTb

▼田舎そば川原【定休日:木・金曜日】
住所:香川県仲多度郡まんのう町炭所東3239-1
店主:川原恵美子
Twitter:https://twitter.com/inakasobakh
Facebook:https://www.facebook.com/inakasobakawahara
Instagram:https://www.instagram.com/iks_kawahara
地図:https://goo.gl/maps/zySHiXbvqtdZTfqx8


この記事をシェアする