3か月かけて作る1本の動画 チャンネル登録者190万人のYouTuberに魅力を聞いた

エンタメ・バラエティ By - GLUGLU編集部 更新:

静止している物体を少しずつ動かし撮影した写真を、つなぎ合わせて動画のように見せるストップモーション。たった数分の動画でも、何日もかけて撮影されます。

日本のみならず、海外からも人気を集めているのが、クリエイターのomozocさん。

2022年6月現在、チャンネル登録者数は約190万人にのぼります。

これまで公開された動画の中で、同月現在もっとも再生された動画がこちらです。

同月現在、再生回数は驚きの4004万回以上。

3257枚の写真をつなげて作ったといいます。

再生回数が多いだけに、コメントも14万件以上寄せられていました。

なぜストップモーションでYouTubeを…?

多くの人から注目を集める動画の制作者・omozocさんに、GLUGLUはインタビューを実施。

ストップモーションについての想いを聞きました。

ストップモーションをYouTubeで公開するには、ほかの動画よりも時間がかかり手間も必要となる大変な作業です。

それでもなぜ、ストップモーションを選ぶのでしょうか。その魅力を教えてもらいました。

omozocさん

ストップモーションは、現実に存在する物を使用するので、アニメやCGで作られる動画よりもリアルな世界観を表現できるということです。

映像がリアルな分、アニメやCG以上に不思議に思えるのだと思います。

CGは、コンピューターで作られた世界のため、私たちが目にしたことのないものが広がっています。

それも魅力的ではありますが、実際に手に取れるものや、普段から使っているものを活用することで、リアルで不思議な世界を作り出せるのがストップモーションならではなのでしょう。

omozocさんが、ストップモーションの世界に踏み入れたきっかけを聞くと…。

omozocさん

YouTubeでアメリカのストップモーションクリエイターのPESさんの動画『Fresh Guacamole(フレッシュワカモレ)』を見て衝撃を受けたことです。

omozocさん

それまでストップモーションの知識や経験など全くありませんでしたが、なぜか「自分でも作ってみたい」という衝動に駆られました。

omozocさんが夢中になったPESさんの動画は、2013年に公開され、同月現在約4.5億回再生を記録。

身近なものがストップモーションとして現れ、形を変えていくのが面白いですよね。

これまでストップモーションの経験がなかったにもかかわらず、「やってみたい」とomozocさんの心を動かすほどの影響力があったようです。

チャンネル情報

omozoc

  • チャンネル登録者数:199万人
  • 再生回数: 2億2898万4652回

I am a person who likes to make stop motion video.

関連ワード
インタビュー

この記事をシェアする