宝探し気分で楽しめるかも? 身近に生えてる食べられる雑草とは

園芸 By - GLUGLU編集部 更新:

畑づくりや自然に関する動画を投稿している、YouTubeチャンネル『畑は小さな大自然!そーやん』。

有機農家出身の、そーやんさんが、『暮らしに根付いた農業』の情報を発信しています。

畑づくりや庭の手入れで、雑草に悩んではいませんか。除草が大変なことに加え、刈った雑草の処分も手間ですよね。

こちらの動画では、そんな雑草を堆肥として活用する方法を紹介しています。

特別な道具や材料がなくてもできるので、すぐにでも試したくなりますね。

この方法を知っていたら、生えてくる雑草を歓迎したくなるかもしれません。

視聴者からは「雑草を見る目が変わった」「目からウロコです!」といった声が寄せられていました。

堆肥として活用できる雑草。中には食べられるものもあるようです。

一体、どのような雑草が食べられるのでしょうか。

ノビルやオオバコ、カラスノエンドウなど、身近な野草が多数登場。

これまで雑草として刈り取っていた野草が食材になるのは、ありがたいですね。

てんぷらやお茶など、それぞれの特性に合った調理をして味わってみてはいかがでしょうか。

また、動画で紹介している通り、毒のある植物には十分に気を付けてください。野草集めに夢中になって、私有地に入ることなどがないようにしましょう。

ほかには、水やりに関する動画も。水やりは種をまいた後、土が乾いている時になんとなく行っていたかもしれません。しかし、正しい方法があるといいます。

丈夫に育てるためには自然を活かし、メリハリをつけて水やりをすることが大切なのですね。

ただ機械的に行うのではなく、育てる環境や天候、野菜の種類に応じて水やりのタイミングを考えたいものです。

そーやんさんの動画を見ると、自然を活かすことで、私たちはより生きやすくなると感じられるでしょう。

畑づくりやガーデニングに興味のある人は、きっと新しい発見があるはずです。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

畑は小さな大自然!そーやん

  • チャンネル登録者数:6万4300人
  • 再生回数: 695万951回

【そーやんのプロフィール】
1985年、鹿児島市川上町の有機農家のもとに生まれる。

子供時代は家が農家であることがとても嫌で、農家にだけはなるまいと固く思っていたが、自然の心地よさ、美しさとその仕組みの面白さに惹かれ、畑を仕事場に選ぶ。

2年の研修期間を経て、自然農での野菜の生産販売を行っていたが、日々コツコツと同じことをするのが大の苦手だと気づき、野菜を売らないスタイルの農家に転向。
現在は「暮らしの畑屋」として、畑づくりを通して自然の面白さ、豊かさを伝える活動をしている。

PCCJパーマカルチャーデザインコース修了。柔道二段。


【そーやんの野望】暮らしの空間を地上の楽園に!
日々の暮らしの中で家族と一緒に大自然を遊びつくし、愛でれるような地上の楽園を作ろうとしています。
そのため鹿児島のNOTEFARMを拠点に日々マイペースに、実践と実験を行っています。
世界中にそういう場所をたくさん作りたくて、そのための仲間を増やしたいので、このチャンネルや体験農園、ウェブメディアなどを通して畑づくりの情報発信をしています。



【大人気!】マイナビ農業で連載している畑は小さな大自然シリーズの記事はこちら!
https://agri.mynavi.jp/serialization/beginner-home-garden/

フェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/hatakeya.note/

【NOTE FARMの写真はこちら】インスタアカウントはこちら
https://www.instagram.com

この記事をシェアする