72歳でヤギを飼い始めた男性 除草のために出張中のヤギを見に行ったら?

動物 By - GLUGLU編集部 更新:

72歳の秋に、「ヤギを飼おう」と思い、手作りのヤギ牧場を作った、げんじぃさん。

2018年4月に2頭のメスヤギを迎え、2022年5月までに42頭と暮らしています。

げんじぃさんの母親は、高齢で出産したため、当時は充分な母乳が出なかったのだとか。

げんじぃさんは、小さい頃から「あなたはヤギのお乳で育った」と教えられていたそうです。

そのこともあり、げんじぃさんは、「ヤギを飼いたい。過疎化が進む吉懸(よしがけ)の街を知ってもらいたい。吉懸を訪れる人を増やしたい」と思ってヤギを飼い、YouTubeを始めたのだとか。

げんじぃさんとヤギの日常は、とてもほのぼのとしていて見ているだけで癒されます。

我が子のように、ヤギに愛情を注いで育てるげんじぃさん。

ある日、げんじぃさんの元に「ヤギに除草を頼みたい」という依頼が来たといいます。これまでにも、同様の依頼は来ていたものの、断ってきたのだとか。

世話や飼育環境を何度も打合せをし、「安心できる」と思ったげんじぃさんは、ヤギを出張させる決断をしました。

そして、ついにヤギたちの初出勤日がやってきます。

仕事現場は、太陽光パネルが設置されている敷地。たくさん生えている雑草を食べて除草するという仕事内容です。

まずは3頭のヤギが働きます。二重の柵で脱走防止策もとられていて、ヤギたちが雨風をしのげる小屋もありました。

ヤギのことを十分に考えられた仕事現場で、3頭は早速、仕事を開始。そして1週間後…。

新たに3頭を出張させることにした、げんじぃさん。

久しぶりの仲間に会ったヤギたちは、近寄ってきて、案内をするように一緒に雑草を食べ始めます。

働き者の6頭ですが、やはりげんじぃさんのことが大好きな様子。げんじぃさんが座れば、周りをヤギに囲まれ、歩けば後ろからゾロゾロとくっついてきます。

しかし、お別れの時はあっさり。げんじぃさんのお見送りよりも、仕事に夢中なヤギたちなのでした。

【ネットの声】

・げんじぃさんが、ヤギたちを大切に想っていることが伝わってくる。

・ヤギたちがかわいすぎて後ろ髪引かれますよね。お仕事頑張って!

・環境にやさしくて、ヤギたちもたくさん食べられるからいいですね。

げんじぃさんと、ヤギたちの触れ合いに癒される人が続出。

ヤギたちの仕事現場のビフォーアフターも楽しみに待ちたいところです。

基本は、毎週金曜日の19時30分に更新されるYouTubeチャンネル『げんじぃ夫婦 / 72歳からヤギを飼う』ですが、不定期になることもあるといいます。チャンネル登録をして、続報を待ちたいですね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

げんじぃ夫婦 / 72歳からヤギを飼う

  • チャンネル登録者数:1万500人
  • 再生回数: 120万3868回

72歳の秋、ヤギを飼おうと思い手作りヤギ牧場を作りました。
2018年4月に2頭のメスのトカラヤギをお迎えしヤギとの生活が始まりました。
2022年5月1日現在は42頭(産まれたてで未発表含む)のヤギと毎日楽しく暮らしています。

動画の配信は不定期ですが出産などがあった時は連続投稿する事もあります。

【私、げんじぃいの事】
昭和20年に富山県氷見市の山間部、吉懸にうまれました。
6人兄弟の1番末っ子でこの時、母は43歳。
母の年齢などのこともあり、充分なおっぱいが出なかったため飼われていたヤギのお乳で育ったと小さい頃から教えられていました。
そんな記憶を思い出すたびに感謝の気持ちでいっぱいになります。

そんな想いからヤギを飼いたい。
過疎化が進む吉懸を知ってもらいたい。
吉懸を訪れる人を増やしたい。
と、平成29年(2017年)秋にヤギを飼おうと決心。

その冬から雪が降る日も風が吹く日も雨が降る日も吉懸に通い、何十年と使われることなく朽ち果てていた豚小屋を直し、荒れた田畑や崖に捨てられていた粗大ゴミを片付け、田畑を耕し牧草を植え、少しずつ少しずつヤギ牧場を作り上げています。

牧場はまだまだ未完成ですが、少しづつヤギたちとともに楽しく毎日を過ごしたいと思っています。

そんな毎日のことを動画にして基本的には毎週金曜日の19時30分ですが、不定期になるかもで配信していきます。


励みになりますので高評価、コメント、チャンネル登録のほどよろしくお願いいたします。


けろじろう。は息子のチャンネルになります。
ヤギたちの可愛いシーンをメインに毎朝5時半にアップしていますので観ていただけると嬉しいです。
https://www.youtube.com/channel/UCyZ-5oUjan3KsMX4jg_5xWw


この記事をシェアする