便秘気味な高齢者におすすめ! 介護士が教える、サツマイモを使ったレシピとは

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

年を取っても、大切な人には恩返しをしたいもの。

家族と遠く離れた場所で暮らしていると、帰省するたびに「年を取ったな」と感じることはありませんか。

介護士兼料理人の、しげゆきさんは、YouTubeで高齢者向けの料理を紹介しています。

しげゆきさん自身、母親が亡くなり、離れて暮らしている義父の食生活が気になり、手料理を振舞っているのだとか。

こちらは、『さつまいもサラダ』と『なすそぼろ』の作り方です。

8~10月に旬を迎えるサツマイモ。食物繊維が豊富で整腸効果があるので、便秘気味な高齢者におすすめです。

主成分が炭水化物のため、糖質が気になる人にもいいでしょう。

しげゆきさんが作る料理は、高齢者向けのため、薄味で量も少なめ。ダイエットをしている人も参考になるのではないでしょうか。

続いて、朝食におすすめなレシピを紹介する動画を2つ続けてご覧ください!

動画では、『ツナ入りポテトサラダ』『ふわふわ卵のキャベツ炒め』『レンジで簡単蒸し鶏』『トースターでナスのチーズ焼き』の4品を紹介。

ナスには、ナスニンと呼ばれる成分が含まれており、生活習慣病や老化を防ぐ抗酸化作用があります。

高齢者と暮らしていると、老化とともに食の好みも変化し、「何なら食べてくれるのだろう」「栄養を取ってほしいけど、食べるのを嫌がる」と頭を悩ませることもあるでしょう。

せっかく作っても食べてもらえないと、とても悲しいもの。試行錯誤を繰り返して高齢者と暮らしている人もいるのではないでしょうか。

しげゆきさんの動画にも、「要介護の高齢者と暮らし始めたが、料理が分からない」といった声が上がっていました。

しげゆきさんが、介護士で高齢者と普段から接しているからこそ気付くポイントもあるでしょう。

いずれ人間はみんな年を取るもの。「まだまだ先のこと」と思わずに、いつまでも大切な人に食事を楽しんでもらうために、先を見据えた知識を得ておくのもいいのではないでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

親と食べたい届けたいご飯【介護士料理人】しげゆきチャンネル

  • チャンネル登録者数:1270人
  • 再生回数: 9万9315回

【親と食べたい、届けたいご飯】
年を取った親と離れて暮らしている場合、
きちんとした食事を摂っているか気になりますよね。

先日、私の父親が「大腸がん」と宣告されました。
大腸にかなり大きなポリープがあるという事で、
治療方針を練っている段階です。

調べたところによると、ほとんどのがんは遺伝しませんが、
大腸がんの約5%は、遺伝性のがん(遺伝性腫瘍)。
異常がある遺伝子を親から受け継いだために、
さまざまな臓器にがんができ易くなっているらしいのです。

なので食生活から、がんを予防しようという事で、
がん予防につながるような、料理を作って、アップしていこうと思います。


離れて暮らしているお義父さんも、
十数年前に胃がんを患って、治療の末現在に至っています。

毎日とはいかないですが、届けたり、取りに来てくれます。


Twitterもやってますので、フォローお願いします。@kaigo_home


この記事をシェアする