ちょっと待って!そのアイライン大丈夫? もっときれいに見える方法があるかも…

美容・ファッション By - GLUGLU編集部 更新:

2020年から新型コロナウイルス感染症の感染拡大のため、外出時にはマスクが手放せない生活となりました。

マスクをしていると、口元が隠されているため、表情や人の印象を決めるポイントとして目元が注目されます。

そのため、メイクをする時も目元のポイントメイクが重要となるでしょう。

みなさんは、自分の目元のメイクに自信はありますか。「自信があるか」と聞かれると、「これでいいか不安」という人もいるのではないでしょうか。

さまざまな顔タイプに合わせたメイクを紹介しているYouTubeチャンネル『LuLu Channel』から、目元のポイントメイクを解説した動画を紹介します。

目元のポイントメイク、タイプ別に紹介!

目元で気になるといえば、目の下のクマでしょう。

クマには青クマ・黒クマ・茶クマの3つのタイプがあります。

動画内で紹介されている方法で、自分のクマのタイプを見つけてみてくださいね。

みなさんはどのタイプのクマでしたか。

動画ではそれぞれのクマに合わせたカバー方法が紹介されていました。

クマが隠しきれていないと、疲れていたり体調不良に見えたりするのでカバーしておきたいところですよね。

クマの原因やケア方法も紹介されているので、メイクだけに頼りたくない人は、参考になるでしょう。

続いてアイシャドウの塗り方です。一重や奥二重の人はアイシャドウを塗っても、目を開けたらまぶたで色が見えないということも。

それぞれの目のタイプに合った塗り方をしてみましょう。

目のタイプによって、色の見え方が変わってきます。「右は二重だけど、左は奥二重」という人もいるかもしれません。

それぞれに合った塗り方をしないと、せっかくきれいにグラデーションを作れていてももったいないことになってしまいます。

目を開けた状態できれいな色が出るように、動画を参考にしながらメイクをしたいですね。

最後はきれいなアイラインの引き方です。

隙間が空いてしまったり、太くなってしまったり、角度が分からなかったり、アイラインを引くのは難しいですよね。

まぶたを指の腹で上げながらアイラインを書くと、せっかく塗ったアイシャドウが取れてしまいます。そのため、指の腹ではなく爪、または綿棒を使って押し上げるといいそうです。

どこまでアイラインを引けばいいか分からない人は、目頭と平行になるぐらいの位置を意識しましょう。

動画では、目の下のアイラインを入れたほうがいい人も紹介されているので、「いつも迷っている」という人は参考にしてみてくださいね。

「分かりやすい」「早速試したい」という声が上がっている、『LuLu Channel』の動画。

目元のメイクを変えて、自信を持てば心も晴れやかになるでしょう!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

LuLu Channel

  • チャンネル登録者数:7240人
  • 再生回数: 134万749回

皆様、こんにちはLuLuです。
コチラのBeauty LuLu Channelでは、様々なメイクのやり方を中心に配信していきます。
私は男なので、自分の顔ではなく、色々な顔のモデルさんにメイクをします。顔の骨格やパーツは様々なので、より多くのパターンのメイクを魅せていきたいです。
少しでも皆様のお力添えが出来ればと思いますので、応援宜しくお願い致します。

この記事をシェアする