カーディガンの袖が伸びちゃったら…? 自分でできるお直し方法

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

・かわいいデザインのスカートだけど、丈が長い。

・お気に入りのカーディガンなのに、袖の長さが合わない。

・愛用していたジャンバーの袖口のゴムが伸びてしまった。

そんな洋服にまつわる悩みはありませんか。

自分の気に入った洋服なのに、思うように着られないのは残念ですよね。

専門店などに仕立てや補修を頼むこともできますが、お金がかかったり、仕上がりまでに時間がかかったりと、不便に思うかもしれません。

YouTubeチャンネル『【洋服のお直し】うさぎ工房』では、自分で洋服を補修する方法を紹介しています。

自分でできるため「明日着たい!」という人でも、大丈夫ですよ!

まずは、スカートの丈を詰める方法です。

長い部分を縫うことさえできれば、手順は簡単です。

三つ折りにして縫う時は、ミシンの押さえから15㎝ほどの場所に目印を付けるのがポイントなのだとか。

これで、自分のお気に入りのスカートも長さを気にすることなく履けるようになるでしょう!

生地を切らないで裾上げをする動画も公開されているので、自分に合った方法を選んでくださいね。

続いては、カーディガンの袖を詰める方法です。ずっと着ていて少しずつ伸びてしまったり、ネットで買ったら自分の腕の長さと合わなかったり、シチュエーションはさまざま。

もしもの時のために、覚えておいて損はないでしょう!

ミシンの直線縫いと、手縫いを使って袖を詰めていました。

動画では、ニット用ミシン糸の、レジロン糸を使用しています。購入したい人は、手芸店などで探してみてくださいね。

表から見たら、袖を詰めたようには見えないきれいな仕上がりです!

丁寧な作業を重ねることで、美しい仕上がりになるのですね。

最後は袖口のゴム交換の方法です。袖口のゴムは劣化しやすいので、またすぐに交換できるようにしておくといいかもしれません。

まずはゴムの通し口を作り、入っているゴムを抜きます。

新しいゴムを入れたら、縫い代の印同士が合うようにして縫い、ねじれ防止のために脇の縫い合わせ位置に固定させれば完成です。

お気に入りの服と長く付き合うためにも、『【洋服のお直し】うさぎ工房』を見て補修方法を知っておきたいですね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

【洋服のお直し】うさぎ工房

  • チャンネル登録者数:1700人
  • 再生回数: 23万687回

ご自分で、洋服のお直しをされたい方の、お力になれたらと思い、うさぎ工房を始めました。
専門学校で学んだこと、またお直し、リフォーム、その他洋裁での仕事で積んだ経験が、活かせたらいいなと思います^^

お直しは、お店に出すと、修理代高いな。。と思われる方も多いと思います。
また手間がかかるほど、修理代も高くなっていってしまうのですが、、、それも仕方ないのです。

そこで、時間に余裕がある、洋裁が嫌いじゃない、自分でやれるならやりたいと思う方の為に、出来る限り初めての方でもわかりやすく、簡単に、綺麗に仕上げられるようなやり方を、お直し屋さんのやり方でお伝えしていきたいと思います。

時に、お直し屋さんではしないような、アバウトな修理(簡単に終わらせる修理)を私なりに考えた方法もお伝えします^^

また、大事なポイントや綺麗に縫えるコツも一緒にお伝えしてます。また終わりには、一通りおさらいが出来るように、「今日のおさらい」「今日のポイント」を載せております。

ご自分で修理、リフォームをする方のお力になれたら、嬉しいです^^

♦インスタグラム
http://instagram.com/usagi.koubou_saki.des

◆ラインスタンプ
https://line.me/S/sticker/20268800

この記事をシェアする