grape [グレイプ]

1万円・5万円・10万円と少額のお金を借りるおすすめ方法

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

「次の給料日まで少しだけお金が足りない」、「5万円だけ借りたい」など、あと少し足りないというケースはよくあることです。そんな時は、どの方法なら安全かつ安心してお金を借りることが出来るのか、おすすめの方法をいくつかご紹介していきます。
借りるなら知り合いから?それとも業者?どちらがいいのか見比べていきましょう。この記事を読めば、少しのお金を用意する方法が全てわかります。

1万円お金を借りる方法

急な飲み会やちょっとした買い物など、1万円だけ借りたいという経験はありませんか?そんな時、数千円〜1万円を用意するための方法を紹介します。

カードローンを使う

カードローンにとって、1万円は非常に少額の融資となります。しかし、どんなに金額が少なくてもお金を借りることに変わりはありませんから申し込みも必要ですし、申し込み後の審査も必要です。
審査によって利用できる限度額が決められ、その範囲内であればいつでも借り入れが可能となります。例えば限度額が10万円だった場合、10万円をすべて借り入れすることをしないで1万円だけ借りれば、それだけ利息も少なくて済みます。

ちなみに1万円借りたときの利息ですが、業者によって違うものの、一般的に消費者金融の場合は18%前後、銀行のカードローンの場合は15%前後、ネット銀行は15~18%、流通系銀行の場合は14%前後となります。最低返済額も定められていて、一度で返済できない場合は数回に分けて返済することができます。こちらも業者によって金額が違いますが、2,000円に設定しているところもありますし、4,000円のところもあります。支払い回数が多ければ多いほどそれだけ利息の支払い分が多くなり、消費者金融で利息が18%、4,000円ずつ支払っていくと合計9回の支払いで、利息総額は2,060円です。一度で支払えば利息は443円で済みます。

カードローンと似たものとして、クレジットカードのキャッシング機能を使うといった方法もあります。金利は18%程度なので、消費者金融で借りるのと同じようなものと覚えておくといいでしょう。

友達から借りる

カードローンでは少額でも、友達からしてみると少し感覚が変わります。1万円という金額が少しと感じるか、それとも大きいと感じるか、これは友達が社会人か学生か、これによって大きく違いが出てくるでしょう。仕事をしていない専業主婦という立場でも違いがあるかもしれません。中年世代の男性なら、1万円はそれほど大きな額ではないでしょう。次の給料日に返してくれたらいいよ、と簡単に貸してくれるかもしれません。

しかし学生の場合はどうでしょうか。勉強とアルバイトの両立ですから毎月それほど大きな金額を稼げるわけではありませんし、仕送りが少なければ自分で生活費を捻出しなければいけません。そうなると1万円という金額は案外大きく感じるものです。どうしても友達に借りたいという場合は必ずいつ、どの方法でお金を返すのか(手渡しなのか振り込みなのかなど)、約束をしましょう。そしてその約束は必ず守ってください。お金の切れ目が縁の切れ目という言葉がありますが、この言葉に金額の大きさは関係ありません。主婦の場合も同じです。家計を預かっているわけですから1万円の大きさはお互いに分かっていることでしょう。次の給料日に返すという約束をしたなら、その約束を守ることを忘れてはいけません。友達から1万円借りるのであれば、自分と相手の関係の深さや相手の事情をよく考えてから頼むようにしましょう。

親から借りる

小言を言われるのを覚悟で親から借りるという方法もあります。1万円という金額は親にしてみればそれほど大きい金額ではないでしょうし、子供から頼まれたらなんだかんだで貸してくれるでしょう。
しかし、借りる相手が親だからとか、金額が大きくないからといって甘えたままではいけません。中には返さなくてもいいという親もいるかもしれませんが、借りたお金はしっかり返してください。親子といえどもお互いに人として常識ある大人ならば、子供からお金が返ってくればしっかりしてると思ってもらえますし、次にまた困ったときに頼りやすくなるのも事実です。もしも頑としてお金を受け取らないような場合は、手土産をもっていったり、離れて暮らしているなら頻繁に顔を見せるなど親孝行をしてください。

その他の方法

それ以外の方法で1万円を借りる方法ですが、おそらく多くの方がおじいちゃんおばあちゃんを思い浮かべたのではないでしょうか。身内の中でも一番の味方と言える存在かもしれません。そして1万円ならいますぐ貸してくれる可能性もとても高いでしょう。どうしても必要ならばお願いをしてみてはいかがでしょうか。急遽必要になった場合でもあらかじめ電話で連絡を入れて、お金は直接受け取りに行きましょう。

わざわざ銀行へ行って振り込みをするなど大変なことですし、一度でもその経験をさせてしまうと振り込め詐欺に引っ掛かりやすくなる危険性があります。必ず直接会いに行ってお金を借りることと、お金を返す時も直接手渡しで返しましょう。先ほどの両親の話と似ていますが、お金は返さなくてもいいと言ってくるかもしれません。しかし年金生活をしていればお金に余裕があるわけではないですから、言葉に甘えることなくきちんとお金を返してあげましょう。

5万円お金を借りる方法

冠婚葬祭などのちょっと大きな出費があると、5万円程度が必要になります。そんな時焦らないよう、5万円を借りる方法を知っておきましょう。ここでは、少しまとまった額を用意する方法を紹介します。

カードローン

数万円を借りるなら、最もおすすめの方法はカードローンを使うことです。少しまとまったお金になるため、だれかに借りるよりもカードローンを申し込むという方も少なくありません。カードローンは申し込んだその日に即日融資も可能ですから、急にお金が必要になったときでも心強い味方になってくれるでしょう。ただし申し込む時間帯によって即日融資が難しい場合もあるため、お金が必要だとわかったときには出来るだけ早く申し込みを済ませておくことをおすすめします。各金融業者の公式サイトからネット申し込みが可能なので、先に申し込みを済ませておくとその後の手続きがスピーディになります。

ちなみに金利ですが、業者によって違いがあります。先ほど1万円のところで話した金利と変わらず、消費者金融が18%で銀行が15%前後です。ただし借り入れをする金額が違うため、それにともなった利息総額も多くなります。もちろん支払い回数が多ければ多いほど、それに比例して支払い総額も増えていきます。5万円というお金を借りると、一括返済は難しいでしょうから、最低返済額を月々支払いつつ、途中でまとめて支払えそうになったときは残りを一括で支払えばお得に利用が可能となります。

友達から借りる

友達から5万円を借りるのは、1万円の時と違いハードルが高くなります。さすがに5万円を貸すとなれば、一瞬躊躇するという方も少なくありません。信頼できる友達だからこそ貸してあげたいけれど、本当に返してくれるのかという不安があるのも事実なので、出来れば借用書を作成してください。借用書専用の用紙があるわけではないため、普通の用紙を使います。

手書きでもいいですしパソコンを使って作成してもOKです。ただし署名の部分は手書きにしてください。誰が、いつ、誰から、いくらお金を借りたのか、返済方法、借りた側と貸した側の住所、署名、捺印をします。同じものを2通作って、借りた側と貸した側がそれぞれ持ちます。友達だからこそお金のことでもめたくないですし、これがきっかけで友人関係に
ひびが入るのも避けたいところなので、そのためにも借用書は作っておいたほうがいいでしょう。そして必ず返済の約束は守ってください。

親から借りる

こちらも先ほどの話同様、必ず小言を言われることは覚悟しておいてください。その小言はお金に困るほどの生活を送っている子供を心配している証拠です。どうしてお金が必要になったのか、何にお金を使うのか、親だからこそ正直に話しましょう。
借りる理由を話すのはもちろん最低限のマナーですが、もしもうそをついた場合、親ならすぐに感づきます。バレていないと思っているのは本人だけです。うそをついてまでお金を借りるような人に安心してお金を貸す人はいないでしょう。正直に理由を話してお金を借りるほうが信用される可能性も高くなることを覚えておいてください。

それから借用書ですが、こちらもぜひ作っておきましょう。親にしてみれば作らなくてもいいと言ってくる可能性も大きいですが、子供から借用書を受け取れば、返済する意思があるという気持ちがしっかり伝わります。親子だからこそお金のことで疎遠にならないために、借用書の作成をおすすめします。

祖父母に借りる

5万円というと少しまとまった金額なので、おじいちゃんおばあちゃんにお願いするのは気が引けるという方も多いでしょう。仕事をしておらず年金生活の場合はやはり生活が大変な状況ですから、さすがにお願いするのは躊躇します。年金だけでなく今も元気で仕事をしているならば、少しは余裕があるかもしれません。必ずおじいちゃんおばあちゃんの生活状況を考慮した上で、お願いするかどうかを検討しましょう。

クレジットカードを使う方法

色々な方法を検討しても無理な場合、クレジットカードをもっていませんか?クレジットカードにはキャッシング機能が備わっていることがあります。普段は買い物しか使わないという方の中に気づいていない方もいるようですが、クレジットカードのキャッシングが付帯されているなら新たに申し込む必要がなく、提携ATMを使えばその場ですぐに借り入れが可能となります。多くの場合、10万円まで限度額が設定されているので、急な出費に対応することが可能です。

10万円お金を借りる方法

ここまで、1万円〜5万円を借りる方法を紹介してきました。数万円であれば用意するためのハードルもそんなに高くはありませんが、これが10万円になるとどうでしょう?頼れる相手も限られてくるでしょうし、何より今すぐ用意するのが難しくなります。そこで、10万円を借りる方法をまとめてみました。

カードローンで借りる

ここでもやはり、使用用途を告げずに借りることができるカードローンがおすすめです。理由を話す必要もなく、誰にもバレずに10万円を借りることができます。カードローンの場合、10万円程度であれば限度額が少ないことから審査が通りやすいと言われています。さすがにこれだけの金額を知り合いから借りるのは難しいし相談しにくいという方はカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに金利は1万円や5万円のときと同じなので、消費者金融の場合は18%前後、銀行カードローンの場合は15%前後、ネット銀行の場合は15~18%が平均的です。これを踏まえて考えると、10万円を借り入れした場合、金利が15%で計算すると、

「借入額10万円×利息0.5÷365日×借り入れ日数30日=利息4,110円」となります。

これは一ヶ月借り入れした時の計算なので、返済期間が長くなればなるほど利息も比例して増えていきます。10万円をまとめて払うことは難しいですが、ボーナスなどでまとまったお金が入る場合は繰り上げ返済をすることで利息をお得にさせることも可能です。

友達から借りる

どうしてもカードローンが利用できない時は友達に頼るのも1つの方法です。しかし、10万円を借りたいとなると、相応の理由が必要です。お願いする前に逆の立場ならどう思うかを考えてみましょう。もし自分が友達から「10万円貸して」とお願いされたらどうでしょう。不快に思うのであれば友達も同じように感じるはずです。
10万円はひとによって少額にも見えますし、少しまとまったお金と感じる方もいるはずです。借りるということは返すのが条件ですから、きちんと返済できるかどうかが大事になってきます。また、友達という親しい間柄だからこそ、このことをきっかけに疎遠になってしまっては大変です。友達を作るのは簡単なことではないですが、信頼を失うのは一瞬です。どうしても友達から借りる場合は、どうして10万円が必要になったのか説明することと、どういう形でお金を返済していくのか、収入のあてはあるのかなど伝えてください。

すでに仕事をしていてボーナスなどまとまったお金が入るのなら、ボーナスが入る時期を知らせるといいでしょう。今現在仕事をしていないのなら、まずは仕事を決めることが先決です。返す当てのない人にお金を貸すような人はいないでしょうし、もしも借りたとしても返済に困ってしまうことは目に見えています。もちろん借用書も作成してください。

親から借りる

10万円というまとまったお金が必要になるということは、生活に困っていることは明らかです。もちろん遊ぶお金を借りるというのは言語道断でしょうけれど、生活するのが困難な状況と分かれば、親なら助けてくれるかもしれません。ただし、少額とは言えない金額なのでいつもの小言がしつこくなることは覚悟しておく必要があると言えます。

親にお願いする時には、まずは状況を説明すること、なぜ10万円が必要になったのか、何に使うのか、これらは最低限しっかり伝えましょう。そして重要なのが返済のことです。返せるときに返せばいいと言ってくれるかもしれませんが、やはりいくら親子でもお金のことでもめることは避けたいので、まとめてお金を準備できない場合は月々いくらずつ、いつ支払うのか約束をしてください。出来れば借用書を作成して信用を失わないようにしましょう。いつ、誰が、いくら借りたのか、それをどのような方法で支払うのか、お互いの署名捺印したものを2通作り、1通ずつ保管しておきます。出来ればお金を返す時に手土産を持参するなど、心配りも忘れないようにしましょう。

それ以外の方法

何度もお話してきましたが、おじいちゃんおばあちゃんから借りる方法もあれば、クレジットカードのキャッシングを利用する方法もあります。それもダメなら公的貸付制度を利用するという方法もあります。各自治体ごとに生活資金や福祉資金を貸してくれる制度ですが、この制度を利用するには条件があります。借り入れ可能な額は少額なので、1万円、5万円、10万円ならOKでしょう。

例えば病気をしたことで働けなくなり収入がなくなった場合や、思いがけずリストラを受けて収入が途絶えた場合や会社が倒産した場合、低所得で他からお金を借りるのが困難な場合などに利用できる制度です。各自治体によって申し込み方や必要になる書類なども違いがあるため、総合支援資金貸付、福祉資金、教育支援基金、不動産担保型生活資金などに関する情報を電話などで問い合わせるか、直接自治体の窓口に出向いて相談しましょう。
ここまでが、数万円から10万円を借りる方法です。基本的には、額が大きくなるほどカードローンの利用がおすすめです。審査の問題はありますが、まずは申込みをしてみると良いでしょう。断られてしまった場合、友人や両親を頼りましょう。次の章では、お金を借りたら必ず支払わなければならない利息を、なるべく少なくする方法を紹介します。

カードローンをお得に利用できる無利息期間を利用しよう

カードローン業者の多くは、無利息期間を設けています。これは設けられた期間内にすべての返済が終われば利息が0円で借り入れが出来るというサービスです。次の給料で返済が可能だったり、時期的にボーナスなどまとまったお金が入ることが分かっていれば、無利息期間内の返済が可能ではないでしょうか。ちなみに以下に紹介する業者が無利息期間を設けています。

無利息期間を設けている消費者金融

ジャパンネット銀行ネットキャッシング 30日間
アコム 30日間
アイフル 30日間
プロミス 30日間
レイクALSA 60日間or180日間※

※レイクALSAはWEB申込み限定ではじめての利用で借り入れ金全額初回契約日翌日から60日間無利息、または5万円まで180日間無利息

無利息キャッシングを利用できるのは、基本的に消費者金融です。無利息期間の間に全額返し終わらないと、通常の金利で利息が加算されていくので注意しましょう。借りる額によっても期間が変動することがあるで、その点も確認が必要です。また、無利息期間を「契約から30日」としているか、「初回借入から30日」としているかという違いもあるので、借りる前にしっかり確認をしておきましょう。

同様のサービスを行っている消費者金融は他にもありますが、中には悪徳業者が紛れていることもあります。安心してお金を借りるなら知名度が高く実績が豊富な業者をおすすめします。

今すぐ1万、5万、10万円を借りる方法

どうしてもその日のうちに1万円、3万円、10万円などお金を借りるという場合、即日融資が可能な業者を選びましょう。即日融資に対応している業者なら、その日のうちに借り入れが可能なので、急にお金が必要になった時に助かります。

即日融資を可能にする方法は、インターネット申し込みを利用することです。お金を借りようと思っている金融業者の公式サイトへアクセスすると、初めての方の申し込みページが用意されています。
そこで必要事項を入力して書類を添付して申し込みをします。必要書類はスマホなどで写真を撮り、アップロードすれば送信可能です。本人確認書類は運転免許証や保険証などが有効ですが、住所や名前、生年月日がはっきり見えるよう、写真がピンボケにならないように注意しましょう。

インターネット申し込みは、24時間356日いつでも可能です。すぐに手続きを済ませてほしいという場合は前の日の夜に申し込みをしておけば、朝一で審査を行ってくれます。当日の朝一番にお金が必要であることに気づいたら、営業前にネットから申し込みを済ませておきましょう。あとは審査が通ればカードを店頭や自動契約機で発行してお金を引き出せば完了です。最短でその日の午前中にお金を借りることができます。借りる方法が分かったら、次は返済方法が気になるところです。毎月いくら返せばいいのか、1万円、5万円、10万円を借りた時を例に見ていきましょう。

気になる月々の返済額

返済額は借り入れした金額によって変わります。今回は1万円、5万円、10万円についてご紹介しましょう。消費者金融や銀行など借り入れする業者によって様々なので、あくまでも相場をご紹介します。

借入額 消費者金融 銀行
1万円を借りた場合 1,000~4,000円 2,000~1万円
5万円を借りた場合 2,000~4,000円 2,000~1万円
10万円を借りた場合 4,000~5,000円 2,000~1万円

これらが最低返済金額となっているため、毎月の支払いは最低でもこの金額を支払わなければいけません。最低返済額なので、その月に余裕があれば多めに支払っても問題ありません。少しでも利息を減らすために繰り上げ返済が出来るのなら、余裕のある月は支払い額を増やしてもいいでしょう。最低返済額を意外と多いと見るか、案外少ないと見るかは人によって変わります。次の章では、カードローンを契約するかどうかを左右する、メリットとデメリットを紹介します。

知っておきたいカードローンのメリットとデメリット

お金を借りる上で、カードローンのメリットとデメリットを知っておくのは大事なことです。

使用用途が自由

限度額の範囲内であれば、必要に応じて1万円、5万円、10万円と借り入れが可能ですが、そのお金は何に使っても構いません。お金の使い道が自由であることは大きなメリットではないでしょうか。何に使ってもいいので生活費の足しにすることも、急な飲み会の会費にするのも、友達と行く旅行代金に使っても大丈夫です。例えば住宅ローンならマイホームの支払いにだけに使い道が決まっていますし、自動車ローンならマイカーにしか使えません。

担保や保証人がいらない

それから保証人や担保がいらないこともメリットのひとつです。出来れば誰にも内緒でお金を借りることが理想と考える方も多いので、保証人がいらないことは大きなメリットになります。また、担保がいらないこともメリットで、個人の信用だけで申し込めるのがカードローンの特徴の一つです。

デメリット

次にデメリットですが、手軽に借りることが出来るため借金という感覚が鈍ります。自分の貯金という感覚になるので返済期間が長くなり、それだけ多くの利息を支払うことになり、結果的に返済に苦しむ生活を送ることになります。借りたお金だという自覚を持ち、計画的に利用するのがカードローンを賢く使うコツです。

親や友達からお金を借りるメリットとデメリット

10万円はまだしも、1万円、5万円であれば業者に申し込むのは嫌なので知り合いからお金を借りるという方も少なくありません。しかし、親しい人を頼るからこそ、そのメリットやデメリットをよく理解しておく必要があります。そこで、どんな良い点と悪い点があるかを紹介します。

申し込みや審査が必要ない

親や友達からお金を借りるメリットは、面倒な申し込みが不要なことや、審査がいらないことでしょう。今までの付き合いで得た信用をベースにお金を借りられるので、面倒な手続きが一切ありません。急いでいる場合など、あれこれしている手間が惜しい時には非常に助かります。

金利が安い

それからもう一つ大きなメリットがあります。本人たちの同意があれば、利息を支払わなくてもいいという点です。もちろん、お金を借りたからには助けてもらった手前、常識の範囲内で利息を支払ってもいいでしょう。しかし、多くの人が利息の受取を断ってくるはずです。そのときはお金ではなく何か贈り物を届けてください。お世話になったお礼として相手の好きなものを贈るといいでしょう。

デメリット

最も大きなデメリットは、お金を約束通り返さない場合に一気に信用がなくなることです。業者であれば書面上の信用かもしれませんが、相手が親や友達の場合はそれ以降の付き合いに大きな影響を与えます。特に友達の場合は、もしかしたらお金目的の付き合いだったのだろうかと信頼関係が崩れてしまう恐れもあります。友達の絆を深めるのは時間がかかりますが、失う時は一瞬です。こうしたことにならないように、しっかり約束通りお金を返しましょう。

自分に合った方法を選ぶ

お金の借りる方法はいろいろあります。そのため、自分がもしもお金を借りるならどの方法が一番いいのか冷静に見極める必要があるでしょう。利息のことも気になりますし、先ほど話したようにそれぞれにあるメリットとデメリットを比較することも大切です。重要なのは借りたお金をしっかり返すことが出来るのか、ということです。信頼をなくすのは一瞬ですから、たとえ1万円、5万円、10万円と借り入れ額が大きくない場合でも返済可能な範囲で借り入れしましょう。

すぐにお金借りたい!最短1時間融資可能なカードローン

  1. プロミス

    プロミスプロミス
    実質年率 4.5%〜17.8%
    利用限度額 最大500万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は30日間無利息
    • 郵送物なし、カードレスで誰にもバレない
    • WEB申し込みで最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  2. SMBCモビット

    SMBCモビットSMBCモビット
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 10秒簡易審査
    融資スピード 最短即日※
    • 10秒簡易審査で結果がすぐわかる!
    • WEB完結申込で郵送物/電話連絡なし!
    • 近くの銀行/コンビニで24時間利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  3. アイフル

    アイフルアイフル
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめてなら最大30日間無利息
    • 審査回答は最短30分!即日融資も可能
    • 誰にも知られずに利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  4. アコム

    アコムアコム
    実質年率 3.0%~18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は最大30日間利息0円
    • 最短30分で審査回答!
    • 最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

Share Tweet LINE

page
top