grape [グレイプ]

安全にお金を借りよう!安心して利用できる金融業者の選び方

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

これまでお金を借りたことがない人は、借金はなんとなく怖いというイメージを持っているかもしれません。でも、実際は安全にお金を借りることもできますし、安心して利用できる金融業者もたくさんあります。

  • 厳しい取り立てが心配?
  • どこなら安心してお金を借りれる?
  • 安全な業者は審査が厳しくないの?
  • 個人情報の取り扱いは大丈夫?

ここではそんな疑問を解決するために、安心して利用できる金融業者の選び方を紹介します。

お金を借りるのは安全?

まずはお金を借りることに対する、イメージの悪さを払拭しましょう。
借金というとイメージが悪いですが、クレジットカードで買い物をするのも実質お金を借りるのと同じことだったりします。支払いを後回しにして、その場はクレジットカード会社からお金を借りて支払いをしているようなものなのですが、これには抵抗がなかったりします。

金融業者からお金を借りるのもその延長です。安全性は全く同じですが、ヤミ金業者からお金を借りるとなると話は変わってきます。詳しくは後ほど説明しますが、正規の金融業者を利用するなら危険性はほとんどないと考えていいでしょう。

安心してお金を借りられるのはどこ?

正規の金融業者と言われても、どこが正規で、どこが非正規なのかよく分かりませんよね。一般的に個人に対して融資を行ってくれる業種は次の2種類に分けられます。

  • 預貯金取扱金融機関
  • 貸金業

この他に生命保険業や質屋などもありますが、説明が少し複雑になってしまいますので、ここでは説明を省きます。それぞれの業種は、以下のように分類されます。

預貯金取扱金融機関

貸金業者

  • 消費者金融
  • 信販会社(クレジットカード会社)

これらが安心してお金を借りられる金融業者です。どれも知名度が高い業者で、安全であるのは一目瞭然です。その中でも一般的に多く利用されているのが、銀行と消費者金融、そして信販会社です。

銀行・消費者金融・信販会社それぞれの特徴

それでは上記で紹介した金融業者の特徴について説明します。

銀行

銀行は銀行法に基づいて営業している金融業者です。個人や企業などの預金を受け入れ、その預金を活用して資金の貸付けを行っています。様々な種類のローンを用意しているのが特徴で、用途に応じて使い分けることができます。銀行の特徴としては下記のようなものが挙げられます。

  • 金利が低い
  • リスクを嫌うため審査のハードルが高い
  • 高額な融資を受けることができる

消費者金融

お金を借りることが危険だというイメージを、世の中に定着させてしまったのが消費者金融です。以前は厳しい取り立てなどを行っていましたが、最近は法整備が進んだことで健全な営業をしています。消費者金融の特徴には次のようなものがあります。

  • 幅広く融資を行うため審査のハードルがやや低い
  • 金利が高い
  • 審査のスピードが早い

審査のハードルは低めですが、決して甘いわけではありませんので気をつけてください。審査基準については後ほど詳しく説明します。

信販会社

信販会社はクレジットカードを発行している会社で、キャッシング機能により融資を行っています。クレジットカードを作るときにキャッシング枠を設定しておくと、その枠内で自由に融資を受けることができます。

  • 数十万円までの小口融資
  • キャッシング枠を作っておけばすぐにお金を借りることができる
  • 一括で返済できない場合は利息や手数料が多くなる

安心できる金融業者の特徴

上記で紹介した金融業者であれば安全にお金を借りることができますが、ヤミ金業者などは上記の業者に紛れているため、分かりにくいことがよくあります。どのような金融業者なら安心して利用できるのか、その特徴について説明します。

登録を受けている

安心して利用できる金融業者は、すべて国の登録を受けています。

銀行の場合は行名があり、実店舗があったりネットバンクを用意しているため間違えることはありません。分かりにくいのは消費者金融です。誰もが知っているアイフルアコムプロミスのような大手であればいいのですが、中小の消費者金融だと名前を聞いたこともないですよね。

そういう中小の消費者金融を利用する場合には、必ず貸金業法で定められた登録をしていることを確認してください。正規の消費者金融は安全性をアピールするため、登録番号を下記の形式でホームページで公開しています。

プロミス:関東財務局長(12)第00615号
アイフル:近畿財務局長(12)第00218号

ただし、ヤミ金業者の中には虚偽の記載をしていることもあります。記載されている情報では安心できない場合は金融庁のホームページで正規の金融業者であることを確認してください。

また、いろいろな理由をつけて登録番号がないことを正当化しようとする業者もいますが、貸付けを行っている金融業者で登録されていないということは絶対にありませんそのような業者は利用しないでください。

定められた金利で融資を行っている

ヤミ金業者などは違法な金利で融資を行っています。このため金利を見れば安全か危険かの判断をすることが可能です。2010年に利息制限法が完全施行されてから、法律で定められた上限金利は下記のように定められています。

  • 元本が10万円未満の場合:年20%
  • 元本が10万円以上100万円未満の場合 年18%
  • 元本が100万円以上の場合:年15%

この金利を超えている場合は、正規の金融業者ではありません。注意したいのは、定められているのが年利だということです。ヤミ金業者の中には「年」と記載せずに、契約してみると月利だったというようなこともあります。金利が書かれていても、年利であることを必ず確認しておきましょう。

取り立てが厳しいってホント?

お金を借りることに悪いイメージを持っているのは、漫画やドラマなどの影響が大きいのではないでしょうか。返済が滞ると、家にやってきて何度もインターホンを鳴らしたり、扉に張り紙をしたりと、生活を脅かされると思っている人もいるかもしれません。

以前はそのようなことがありましたが、今は貸金業法により取り立てにも厳しい制限が設けられています。

  • 取り立てができるのは午前8時~午後9時まで
  • 「帰って欲しい」と伝えられると帰らなくてはいけない
  • 張り紙や立て看板の禁止
  • 本人もしくは保証人以外への返済請求の禁止
  • 他社から借りさせて返済に充てさせることの禁止

取り立てそのものは禁止されていません。金融業者にしてみれば、貸したお金を返してもらわなければ損失が発生します。そのため取り立ては金融業者に与えられた正当な権利です。ただし、債務者の生活を脅かすような取り立ては禁止されています。

このため、正規の金融業者ならしっかりとした取り立ては行いますが、それによって日常生活が送れなくなるということはありません。基本的には電話や督促状などで返済をお願いするものが多くなっています。

誰にもバレずに借りれる?

お金を借りる人にとっては、怖いのは金融業者だけではありませんよね。家族や知人にバレることを恐れている人も多いのではないでしょうか?それでは誰にもバレずに借りることはできるのでしょうか。

勤務先にバレる?

まず心配なのが会社にバレることですよね。カードローンなどの審査では在籍確認といって、勤務先に電話をかけてくることがあります。そこでバレてしまうのではと思うかもしれませんが、金融業者は審査であることが伝わらないように配慮してくれますので安心してください。

ただし、勘のいい人が電話に出た場合は、バレて社内で噂になるという可能性も否定できません。絶対にバレたくないのであれば、書類で在籍確認をしてくれる金融業者を選びましょう。モビットなど一部の消費者金融では、電話ではなく書類での対応をしてもらえます。

家族にバレる?

家族でも一緒に暮らしていなければ、隠し通すことはそれほど難しくありません。問題は一緒に暮らしている場合です。書類が自宅に届いたり、トラブルが発生したりしたときに自宅に電話されることもあります。ちょっとしたことでバレてしまいますので、完全に隠し通すことは難しいと考えてください。

どうしてもバレたくない場合は、自宅への郵便物やローンカードの発行がないなどの、プライバシー保護を重視してくれる金融業者を利用しましょう。

安全な業者の審査基準はどうなっているの?

ここで紹介した安全な業者からお金を借りるためには、厳しい審査を受けなくてはいけません。審査基準は金融業者ごとに違いますが、共通しているのがすべて「貸したお金をきちんと返してくれるかどうか」についてチェックされます。

金融業者はそれぞれに、どのような条件の人が返済できなくなるかというノウハウを持っています。審査はそれに照らし合わせて行われます。例えば「勤続年数」や「年収に対しての融資額の割合」などをチェックします。

一般的に銀行よりも消費者金融や信販会社のほうが審査のハードルが低いというのは、金利を高めに設定することで、貸し倒れが発生しても他の人から回収できるようにしているためです。反対に銀行は金利を低くしていますので、貸し倒れを避けるために審査のハードルを高く設定しています。

個人情報を渡してしまって大丈夫?

審査を受けるためには個人情報を提出します。住所や電話番号だけでなく、年収や他社からの借入額など、家庭の懐事情がすべて分かるような情報ですので、それらを渡してしまうことに不安を感じる人もいます。

個人情報は思わぬところから漏れてしまいますので、100%安全とはいえません。ただし、すべての金融業者は個人情報の取り扱いについて、きちんと方針を説明しています。どこまで守られているかは個人で判断するしかありませんが、これは信用する以外にありません。

お金の貸し借りというのは、そのような信頼に基づいて行っていますので、金融業者があなたを信じてお金を貸すわけですから、借りる側も金融業者を信じて個人情報を渡すようにしましょう。間違っても嘘の情報で申告しないようにしてください。

総量規制は安心してお金を借りられるための法律

総量規制ができる前は、際限なく貸すという貸金業者がたくさんありました。その結果、自己破産などに追いやられる人が続出し、これをなんとかしようとして定められたのが総量規制です。規制により貸し過ぎを防ぎ、債務整理する人を減らすのが目的です。

総量規制により、貸金業者は年収の1/3以上の貸付を禁止されています。この1/3というのは、1社ではなくすべての貸金業者からの融資額を合わせたものです。例えば年収が600万円なら200万円まで借りることができますが、A社からすでに150万円借りていたら、B社からは50万円しか借りることができません。

たくさん借りたい人には面倒な規制ですが、これがあるから借り過ぎにならずに、安心してお金を借りることができます。実際に総量規制の対象外となっている銀行のカードローンは、貸しすぎが大きな問題になりつつあります。

このため銀行も自主規制として、年収の1/3くらいまでしか融資を行わないようになっています。ちょっと不便な規制ですが、これは利用者を守るための法律です。

ただし、住宅ローンや自動車ローンといった高額融資はその限りではないので安心してください。

安全にお金を借りるためのルール

いくら金融業者が安心安全であっても、借りる側のモラルがしっかりしていないと、自己破産などの債務整理に繋がることもあります。安全にお金を借りるためには、次のようなルールを定めて必ず守るようにしましょう。

  • 審査を受ける前に返済計画を立てる
  • 1日でも滞納しない
  • 借入先は1社に絞り、多くても3社以内にする

どれもあたり前のことなのですが、いざ実践してみようとするとなかなか上手くはいきません。「ちょっと借りるだけだから」と返済計画を立てずに利用する人がたくさんいますが、その結果として返済が滞ってしまうことがよくあります。

滞納すればもちろん金融業者から電話などで連絡があります。それを回避するために、返済のための借入れをする人がいますが、その借入れが新しい借入れを招いて、気がついたら何社からも借りていたという状態になることもあります。

すべては、きちんとした返済計画を立てずに利用したことに原因があります。もちろん思わぬ事態が発生することもありますが、それも計画を立てていれば、ちょっとした修正をするだけで回避できたりします。安全にお金を借りるためにも、しっかりとしたマイルールを定めて計画通りに返済を進めてください。

悪質な業者の見分け方

安心できる金融業者の特徴の項目で、金融業者の選び方を紹介しましたが、悪質な業者の見分け方についても説明しておきます。

  • 登録番号がない
  • ホームページや固定電話がない
  • 「無審査」や「ブラックでもOK」などの宣伝をしている

登録番号についてはすでに説明しましたので、ここで改めて付け加えることはありません。しかしとても重要なポイントですので、必ず登録番号の確認をして金融庁の登録情報に記載されているのか確認してください。

ホームページのない金融業者はまずありません。街の小さな消費者金融ならホームページがないということもありえますが、少なくとも固定電話はあるはずです。ホームページもなく固定電話もない場合は、ほぼ間違いなく悪質な業者です。そういう業者は甘い言葉で誘ってきます。

「うちは無審査ですよ」
「他で断られてもうちなら大丈夫」
「ブラックでも貸し出します」

どこからも借りられなくなったら、こういう宣伝や誘い文句に心が動かされてしまいますよね。でもそんな美味しい話が本当にあると思いますか?他が貸さないとしたのは、完済できない可能性があると判断されたからです。

そんな人に貸すというのは絶対に裏があります。慈善事業でお金を貸してくれる業者はいない。そのことをしっかりと頭に入れておきましょう。「お金を借りるなら審査の厳しいところから」これくらいの気持ちで金融業者を選びましょう。

まとめ

安全にお金を借りるためには、どんな金融業者を選べばいいのか、どんな金融業者を避ければ良いのか、その全体像はなんとなくでも理解できたかと思います。最後にここまで説明してきたことの中で、特に重要なものをリストアップしておきます。

  • 正規の金融業者を利用すれば安全
  • 代表的な正規の金融業者は銀行、消費者金融、信販会社
  • 安全な金融業者は登録番号と金利で判断する
  • 滞納時の取り立ては行われるけど正規の金融業者ならドラマのように追い込むことはない
  • 家族にバレずに借りることはできるけど難しい
  • 安心して借りるには返済計画をきちんと立てる

まず、安全に借りるなら誰もが名前を知っている大手で審査の申込みをしてください。消費者金融でも以前のような高金利、厳しい取り立てということはありません。銀行よりも少し金利は高めですが、法律に従った金利ですし、違法な取り立てをすることはありません。

そのような大手に断られたときには中小の消費者金融を頼ることになりますが、そこにはヤミ金業者が紛れていることもありますので注意してください。国に登録されているかどうかを確認して、なおかつ違法な金利でないことや、借りやすさをアピールしすぎてないこともチェクしましょう。

Share Tweet LINE

page
top