grape [グレイプ]

キャッシュカードでお金を借りることは可能!気になる利用方法

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

銀行で口座を開設すると同時に発行されるキャッシュカードは、預金口座にお金を預けたり引き出したりする時に使えます。

非常に身近な存在のキャッシュカードですが、「銀行のカードを使ってお金を借りられる」という話を聞いたことはありませんか?実際はそのままではお金を借りることはできませんが、手続きをすれば借入を受けることができます。

すぐにお金借りたい!最短1時間融資可能なカードローン

  1. プロミス

    プロミスプロミス
    実質年率 4.5%〜17.8%
    利用限度額 最大500万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は30日間無利息
    • 郵送物なし、カードレスで誰にもバレない
    • WEB申し込みで最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  2. SMBCモビット

    SMBCモビットSMBCモビット
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 10秒簡易審査
    融資スピード 最短即日※
    • 10秒簡易審査で結果がすぐわかる!
    • WEB完結申込で郵送物/電話連絡なし!
    • 近くの銀行/コンビニで24時間利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  3. アイフル

    アイフルアイフル
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめてなら最大30日間無利息
    • 審査回答は最短30分!即日融資も可能
    • 誰にも知られずに利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  4. アコム

    アコムアコム
    実質年率 4.5%〜17.8%
    利用限度額 最大500万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は最大30日間利息0円
    • 最短30分で審査回答!
    • 最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

銀行でお金借りたい!WEB申込可能な銀行カードローン

  1. 楽天銀行

    楽天銀行楽天銀行
    実質年率 1.9%〜14.5%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 ~数日
    融資スピード ~数日
    • 最短翌日融資可能!申込書類の記入が一切不要!
    • WEBで申込完結!ネット銀行ならではの金利!
    • ご入会で、楽天スーパーポイント1,000ポイント進呈!

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

「キャッシュカード一体型カードローン」って何?

銀行のカードにローンの機能を付加したものを、キャッシュカード一体型カードローン(キャッシュカード兼用型とも)と呼びます。

キャッシングの審査に通過して手続きが完了すると、自分が持っている口座のキャッシュカードにローンの機能が追加されます。銀行ATMや提携ATMからキャッシングをしたり、返済をしたりできるようになります。

急に現金が必要になったときに便利!

キャッシュカードにクレジット機能やデビット機能がついているものは、様々な金融機関で発行をしています。2つの特徴は以下の通りです。

  • クレジット:カードで買い物をし、月ごとにまとめて引き落とし
  • デビット:カードで買い物をするたび、口座から自動的に引き落とし

どちらも店舗での買い物にしか使えないため、冠婚葬祭などの急な出費で現金が必要な時には役に立たないのが現状です。しかしキャッシュカード一体型ローンの場合、銀行のカードさえあれば銀行のATMや提携ATMで好きなときにお金を借りられます。

キャッシュカード兼用型カードローンがある会社紹介

三井住友銀行カードローン

限度額 800万円まで
金利 年4.0~14.5%(限度額によって変動)

(2017/12/04時点)

キャッシュカードを持っているとインターネットから申込ができます。審査結果の連絡は9時~21時で、結果連絡と同時に契約・借入となるので、銀行の営業時間外の夕方以降でも、最短で即日融資が受けられます。

融資希望額が50万円を超える場合は所得を確認できる書類を提出しなくてはいけませんが、本人確認書類の提出は不要。

みずほ銀行カードローン

限度額 800万円まで
金利 年2.0~14.0%(限度額によって変動)

(2017/12/04時点)

みずほ銀行のキャッシュカードを持っている方がカードを申込むと、自動的に兼用タイプでの案内となります。口座を持っていない方でも、一本型カード発行と口座開設を一緒に行えます。

申し込みはインターネットより随時受け付けていますが、土日祝日は審査を行っていないことに注意。

三菱UFJ銀行 マイカードプラス

限度額 30万円まで
金利 年14.6%

(2017/12/04時点)

三菱UFJ銀行のカードローンは、カードローン専用タイプの「バンクイック」と兼用型の「マイカードプラス」に分かれています。保証会社はどちらもアコムですが、別の商品です。結果連絡は郵送のみとなり、2週間ほどかかります。

りそな銀行カードローン

商品名 金利 限度額
プレミアムカードローン 10万円~800万円 年3.5%~12.475%
クイックカードローン 10万円~200万円 年9.0%~12.475%

りそな銀行のカードローンは2タイプあり、どちらもキャッシュカード一体型での申し込みができます。webからの手続きであれば休日でも契約手続きができ、最短で即日中に融資が受けられます。

静岡銀行カードローン セレカ

限度額 10万円~500万円
金利 年4.0~14.5%

静岡銀行は地方銀行ですが、インターネット支店とカードローンは全国から受付をしており、ホームページから好きなときに申込ができます。

既にキャッシュカードを持っている方でも、新しく「セレカ」を発行しなくてはいけないため、必ず新しいカードを受け取る必要があります。その間はお金を借りることができないため、申込の初回だけは契約者本人の口座へ振込での融資も行っています。

キャッシュカードでお金を借りられるようにするには?

キャッシュカードが手元にあっても、そのままでは借金はできません。その銀行に申込をして審査と契約手続きを行いましょう。

インターネットでの申込が主流

銀行カードローンのページから、好きなときに申込むことができます。融資までにかかる時間は銀行により異なりますが、既に口座を持っている場合は最短で即日中に手続きが完了する場合が多いです。

口座を持っていない場合は開設しないと申込ができません。そのため口座開設とローン申込を一緒に行うか、口座開設を店舗または郵送で行う必要があります。全ての手続きを郵送で行った場合は融資までに2~3週間かかります。

銀行ATMで申込案内が表示されることも

金融機関によっては、ATMで普通預金の取引を行った際にカードローンの広告が画面に表示されることがあります。ボタンを操作してその場で申込ができますが、必ずしも審査に通るわけではなく、即日融資を受けられるとは限りません。

実際にキャッシュカードでお金を借りるには

申込~利用、返済までの手順を紹介します。

申込

既に口座を持っている場合、商品紹介ページの「預金口座がある方向け」と案内があるリンクより申込ができます。預金口座の情報を入力しなくてはいけませんので、キャッシュカードを手元に用意するとよいでしょう。

申込後に審査が行われ、所定の方法で結果の連絡が入ります。金融機関や審査の状況によっては、本人確認書類などの提出が必要になるケースもあります。50万円以上の借り入れには所得証明書が必要になる場合がほとんどです。

口座がない場合、最寄の窓口で口座を開設するか、ネットで口座開設手続きをしましょう。ローンと同時に手続きを進行できる金融機関もあります。

銀行やコンビニATMなどで利用可

契約手続きが完了したら、手持ちのカードでそのまま借入ができます。ATMを使うと、「お預け入れ」「お引き出し」などのメニューのほか「カードローン」「借り入れ」などのボタンが追加で表示されるようになります。

返済方法

銀行のカードローン同様、毎月決まった期日に預金口座から引き落としされます。

ローン専用カードと一体型の違いは?

両方とも限度額や利息などに差別化をしていない銀行が多いです。それでも、全く同じものというわけではありません。そこで違いを紹介していきます。

カードを受け取る手間

一体型のローンにしない場合は、専用のカードを新しく発行する必要があります。郵送もしくは自動契約機などで受け取らなくてはいけないので、来店の手間と日数がかかります。しかし一体型なら新しく作る必要がないので、そのような手間がかかりません。

必要書類

ローンを申込む際は必ず本人確認書類を提示しなくてはいけません。しかし一体型は口座開設の際に本人確認が済んでいるので提出は不要です。(金融機関や審査の状況によっては提出を求められる場合もあります)

借入できるATMに違いがあることも

ローン専用カードとキャッシュカード一体型ローンとで、借入が受けられるATMが異なる場合があります。一体型は元々キャッシュカードとして作られたものですので、ローン専用のものよりも使えるATMが少ない傾向があります。

例:三井住友銀行

Enet、ローソンATM、セブンATMは両方のカードで借入・返済・残高照会が可能ですが、ゆうちょ銀行や提携金融機関のATMではローン専用カードでのみ借入ができます。

キャッシュカードで借りられるのはいくらまで?

最近は最高で500万円以上まで借りられる金融機関が増えています。審査の内容はカードローンと同じなので、融資を受けられる金額は同じと考えてよいでしょう。

三菱東京UFJは例外

三菱UFJ銀行は一体型ローンと通常のカードローン(バンクイック)が別の商品です。一体型の融資金額は30万円までで、それ以上の融資はバンクイックで扱っています。

キャッシュカード一体型ローンのメリット

キャッシュカード一体型のローンを利用するメリットはどこにあるのでしょうか?複数あるメリットの中から、特に便利な点をまとめました。

複数枚カードを持ち歩かなくてよい

キャッシュカードでローンが利用できれば、ローン用のカードを持ち歩かなくて済みます。

周囲にバレにくい

キャッシュカード一体型ローンでATMを利用しても、第三者からは預金口座の取引に見えますので、借金をしていると思われません。家族や友達にローンカードを見られることもないので安心です。

申込から融資までがスピーディ

持っているキャッシュカードにローン機能を付与するので、手続きが終わればすぐに融資が受けられます。金融機関や申込時間によっては最短で1時間もかからないケースもあるようです。

自動振替(自動融資)が使えるようになる

普通預金口座から公共料金などが引き落とされる際、万が一残高が足りなかった場合に自動で不足分の融資を行う機能を「自動振替」「自動融資」などと呼びます。キャッシュカード一体型の審査が通ると自動振替も使えるようになり、非常に便利です。

キャッシュカード一体型ローンのデメリット

スピーディで便利な一体型ローンですが、デメリットもあります。理解した上で申込をしましょう。

口座がないと使用できない

一体型カードはその銀行の口座がないと利用ができません。口座を持っていない方は口座開設をしてキャッシュカードを作らなくてはいけないので、その分手間や時間がかかります。

つい借りすぎてしまうケースも

銀行でお金を引き出そうとして残高が足りなかった場合、その場は諦めるしかありません。しかしそれが一体型カードだった場合はどうでしょうか。いざというときに手軽に借金ができるため、使いすぎを招くというデメリットもあります。

家族がカードを使うとバレてしまう恐れが

一体型カードをATMで利用すると「カードローン」等の借入メニューが追加で表示され、そこから融資を受けられるようになります。家族がカードを使った場合はそこからローンの利用がバレる可能性があります。家族と一緒にキャッシュカードを使う方は気をつけましょう。

注意点とまとめ

キャッシュカード一体型ローンはすぐに手続きができ、カード一枚で銀行口座の管理とキャッシングができるので非常に便利です。しかし普段からキャッシュカードを持ち歩く習慣がある方の場合、手軽に借金ができる環境に身を置くことになります。

また、自動振替機能を付与した場合、引き落としの残高が不足しても自動的に融資をしてくれます。それを機に金銭感覚が狂い、気がつけば限度額いっぱいまで借金が増えてしまった…という例も実際にあります。

気軽に利用できるといっても借金には変わりありません。しっかり返済計画を立てて、収入に見合った額を借りるようにしましょう。

Share Tweet LINE

page
top