grape [グレイプ]

コンビニでお金を借りるにはどうすればいい?

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

手持ちがないときに急にお金が必要になった」というときは銀行や消費者金融のATMを利用する方が多いと思います。しかし、ATMが閉まっている真夜中にそのような事態になったらどうしますか?

都市銀行の一部の店舗では遅くまで営業しているATMもありますが、それはごくわずかな例です。インターネットを利用すればいつでも融資の手続きができる会社も増えていますが、それでも実際の現金をすぐに手にするのは難しいです。大半の方はATMの営業開始時間まで待つことになるでしょう。

しかしコンビニにあるATMなどで使えるカードを持っていれば、コンビニで好きな時にお金を借りることができます。今回はコンビニでお金を借りる方法や手数料などについてまとめました。

すぐにお金借りたい!最短1時間融資可能なカードローン

  1. プロミス

    プロミスプロミス
    実質年率 4.5%〜17.8%
    利用限度額 最大500万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は30日間無利息
    • 郵送物なし、カードレスで誰にもバレない
    • WEB申し込みで最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  2. SMBCモビット

    SMBCモビットSMBCモビット
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 10秒簡易審査
    融資スピード 最短即日※
    • 10秒簡易審査で結果がすぐわかる!
    • WEB完結申込で郵送物/電話連絡なし!
    • 近くの銀行/コンビニで24時間利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  3. アイフル

    アイフルアイフル
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめてなら最大30日間無利息
    • 審査回答は最短30分!即日融資も可能
    • 誰にも知られずに利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  4. アコム

    アコムアコム
    実質年率 3.0%~18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は最大30日間利息0円
    • 最短30分で審査回答!
    • 最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

コンビニでお金が借りられる例は?

コンビニATMと提携をしていて、かつお金を借りることができるカードがあれば、コンビニでお金を借りることが可能になります。ここでは例を紹介します。

銀行のカードローン

銀行が展開しているローン商品の中で、カードを使ってお金を借りることのできる「カードローン」があります。地方銀行含め、多くの銀行のカードローンがコンビニで使用できます。

消費者金融のカード

消費者金融で契約をすると、専用のカードが発行されることが大半です。大手の消費者金融はもちろんのこと、中小の消費者金融でもコンビニと提携している会社が増えています。

クレジットカードのキャッシング機能

買い物で利用ができるクレジットカードに「キャッシング機能」がついている場合、クレジットカードを使ってお金を借りることができます。

この3つのパターンで、コンビニでお金を借りることが可能です。非常に便利なことがメリットではありますが、具体的にはどんな点がメリットとして挙げられるのでしょうか?次の章で詳しく解説していきます。

コンビニでお金を借りることのメリットは?

コンビニでお金を借りると高額の手数料がかかるのではないか、等と心配になる方も多いのではないでしょうか。しかし実際にはそのようなことはありません。逆に、コンビニを利用することのメリットはたくさんあります。

深夜土日でもOK!

コンビニでお金を借りることの最大のメリットは、土日祝日いつでも時間を問わず利用できることです。金融機関のATMは営業期間が限られていますので、急にお金が必要になっても対応ができません。ところがコンビニのATMなら真夜中でも利用ができます。

金融機関に行く手間が省ける

銀行や消費者金融は支店やATMの設置数に限りがあります。お金を借りるにはわざわざそこまで行かなくてはいけません。家の近くにATMがある金融機関でローンンカードを作れば問題ないかもしれませんが、引越しをすることになったり、旅行先で急にお金が必要になった際は使えませんね。

コンビニで利用できるローンカードを持っていれば、全国どこでもコンビニATMがあれば使えますので、引越しをした際や旅行の時も安心です。

周りにバレにくい

消費者金融のカードは、その会社が展開するATMで手数料無料で使うことができます。しかし消費者金融のATMを使っているところを万が一誰かに見られた場合、お金を借りているのだと思われてしまうのが難点です。消費者金融を利用していても、その会社のATMを使うのは抵抗があると考えている方は少なくありません。

しかしコンビニATMは銀行のキャッシュカード等とも提携しており、普通預金からお金を引き出す方も利用しています。そのため、コンビニATMでお金を借りているところを知り合いに見られても、「銀行からお金をおろしていた」と言えば違和感なくごまかすことができます。周囲に借入がバレにくいのもコンビニATMのメリットです。

手数料が安い

コンビニのATMを使うと手数料がかかるというイメージが強いですね。実際、コンビニATMを使って銀行からお金を下ろそうとすると手数料がかかります。

しかし、コンビニでお金を借りる場合には手数料がかからないケースも多いです。大手銀行のカードローンは、コンビニでも手数料無料で使えるものが大半を占めます。会社にによっては手数料がかかる場合がありますが、それでも税込み108円、高くても216円程度で、口座振込などよりも安く済むのです。

コンビニATMで使えるカードの作り方は?

お金を借りるためのカード(ローンカード)があればコンビニのATMでお金を借りられるようになります。申込をする前に必ず申込条件や提携ATMを確認しましょう。

銀行のカードローン

みずほ銀行、三菱UFJ銀行(バンクイック)、三井住友銀行カードローンなど都市銀行のカードローンでお金を借りたい場合、店舗窓口や自動契約機(テレビ窓口)、電話や郵送、インターネットなど、様々な方法で申し込むことができます。

申込から融資までスピーディなのが特徴で、最短で翌営業日には使用できるようになります。インターネットで申込をしてカードを郵送で受け取る場合は日数がかかりますので、コンビニでお金を借りたいと考えている場合は余裕を持った申込をしましょう。

既に銀行口座がありキャッシュカードを持っている場合、そのカードにカードローン機能を付帯できる銀行もあります。インターネットから申込をすると最短でその日のうちに審査結果が分かり、元々使っていたキャッシュカードでそのままお金を借りられるようになります。

消費者金融

アコムプロミス、アイフルなどの大手消費者金融は、店舗や自動契約機で申込をして審査に通過すると、その日のうちにカードを受け取ってお金を借りることができます。審査の状況によってはその日のうちにカードを使えないこともあります。

インターネットや電話、郵送でも申込ができますが、コンビニでお金を借りられるようになるのはカードを受け取ってからになります。

クレジットカード

クレジットカードを作るときにキャッシング枠を付与すると、クレジットカードを使ってコンビニでお金を借りることができます。カードの発行までにかかる日数はさまざまですが、窓口などで申し込んだ場合はその日のうちにカードを受け取れるケースが多いようです。キャッシング枠の付与には、消費者金融や銀行のカードローンと同じような審査があります。

今持っているクレジットカードに後からキャッシング枠を付け足すこともできますが、お金が借りられるようになるまでの日数は会社や審査状況によって異なります。一日~一週間以上かかるケースもありますので、余裕を持った申込をしましょう。

手数料はいくらかかる?

実際にコンビニATMでお金を借りる時や返済する時の手数料をまとめました。金額は全て税込みです。

【消費者金融系】

会社によって異なりますが、1万円以下の取引は108円、それを超える場合は216円の手数料がかかる会社が多いです。

・プロミス、アコム、アイフル

借入・返済ともに1万円以下の取引は108円、1万円超は216円

・レイク

コンビニATMを使用した際の手数料はかかりません。

【銀行系】

大手銀行のカードローンは返済・借入共に手数料無料で使える場合が多いですが、一部コンビニと提携していない場合もあります。申込の際には気をつけましょう。

  • みずほ銀行…手数料無料
  • 三菱UFJ銀行(バンクイック)…手数料無料
  • 三井住友銀行カードローン…手数料無料
  • 楽天銀行カードローン…手数料無料
  • イオン銀行カードローン…ローソン、E-netは手数料無料、セブン銀行は利用不可

【クレジットカード系】

消費者金融同様、利用金額によって手数料が変動するケースが多いです。手数料がかからない会社もあります。

  • セディナ…1万円以下の借入は108円、1万円超は216円
  • エポスカード…手数料無料
  • ジャックス…1万円以下は108円、1万円超は216円

セブンイレブンをよく使うならセブン銀行カードローンがおすすめ

コンビニのATMはメンテナンス時を除きいつでも使用できますが、金融機関によっては取扱の時間が限られている場合があります。また先述の通り、必ずしも手数料がゼロというわけではありません。

セブンイレブンをよく使う方で、時間や手数料を気にせずお金を借りたいなら、セブン銀行が提供するセブン銀行カードローンがおすすめです。

どんなカードローン?

セブン銀行の口座を持っていて、年齢が20歳以上70歳未満であれば申込ができます。新規で借りる方は限度額が10万円ですが、契約から2か月経つと30万円・50万円の増額申込ができるようになります。利率は年15.0%で、金融情勢などによって随時変動します。

申込手順は?

セブン銀行ホームページのローンサービス(カードローン)より簡単に申込ができます。セブン銀行の口座を持っている場合とそうでない場合で、手順や利用までの日数に違いがあります。

【口座がある場合】

会員専用のインターネットページ「ダイレクトバンキングサービス」から融資の申込ができます。必要項目をいくつか入力するだけで、審査結果がメールアドレスに届きます。審査に通過して契約手続きが完了すると、既に持っているセブン銀行のキャッシュカードを使って、いつでも好きな時にお金を借りることができます。

【口座がない場合】

インターネットから口座開設とローンサービスを同時に申し込めます。メールアドレスを登録したあと、所定の申込ページで必要事項を入力します。審査結果はメールで通知されます。

キャッシュカードは本人限定受取郵便で届きます。カードを受け取った後インターネットで利用開始登録を行うと、カードを使えるようになります。

返済方法は?

毎月一定の金額をセブン銀行の普通預金口座より引き落としします。

セブン銀行には、別の金融機関から一定金額をセブン銀行の口座に自動で毎月入金する「毎月自動入金サービス」があり、手数料無料で利用ができます。そのため、わざわざ口座にお金を入金しなくても楽に返済ができるのが特長です。

月々の返済は、利用限度額によって変動します。

  • 10万円…5,000円
  • 30万円~50万円…10,000円
  • 100万円まで…15,000円

また毎月の返済とは別に、カードを使ってATMから1000円単位で返済ができます。

まとめ

コンビニで使えるカードを持っておくと安心

銀行や消費者金融のATMの営業時間は、想定しているよりも短い場合があります。特に土日祝などはATMが早めに閉まってしまい、本当に必要なときにお金を引き出せないことも。そのような時に備えて、コンビニで使えるカードを持っておくと安心です。

コンビニと提携している金融機関のカードを作ろう

コンビニでお金を借りられるようになるためには、コンビニATMと提携している金融機関のカードを作る必要があります。カードの種類としては以下のものが挙げられます。

  • 消費者金融のカード
  • 銀行のカードローン
  • 銀行のキャッシュカードにローン機能を付与したもの
  • クレジットカードにキャッシング枠を付与したもの

それぞれ申込方法やお金を借りるまでにかかる時間は異なります。また、金融機関によっては提携していないコンビニもありますので、必ずホームページやパンフレットなどで最新の情報を確認しましょう。

Share Tweet LINE

page
top